CIP (カルダノ改善提案 Cardano Improvement Proposals)

CIPとは、Cardano Improvement Proposals(カルダノ改善提案、リンクよりGithubへ)の略。開発側は、CIPを通じてカルダノの改善案や標準規格、ガイドラインや情報を提供する。開発側は、CIPによる提案を通じてコミュニティと議論し、エコシステムにおける問題に対する解決策を構築する。

CIPは、1人または複数の提案者によってgithub上で提案され議論が進められる。
提案されたCIPは、下記のステータスとともにgithub上で閲覧することができる。

Draft:提案製作中
Proposed:審査中
Active:承認&開発中
OnHold:中断中
Obsolete:棄却またはアップデート版あり
Rejected:拒否

審査プロセスは、下記の通りとなっている。

①改善策の仮提案
②コミュニティによる議論
③正式なCIPの提出
④レポジトリへのリクエスト
⑤エディターによる編集
⑥正式CIPの掲載→Active

CIPに関する議論は、Developer Forum、公式Developer Telegram Group、開発者アンバサダーなどから参加することができる。

2022年4月に行われた中間報告では、CIPの中でもレビュー中のCIP-40の「Collateral Output」についての話も登場した。


CIPを読み解くことで、カルダノの技術的な開発状況をリアルタイムで確認することができる。カルダノに対する長期投資の判断材料として重要な資料と言えるだろう。

GithubのCIPページはこちら→ https://github.com/cardano-foundation/CIPs

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓