分散型取引所 Decentralized exchange

DEX。各ユーザーが秘密鍵を管理し、各自の資金で直接的に暗号通貨の取引を行う暗号通貨取引所。
各ユーザーが個別に資金を管理するため、中央集権型取引所のように一回のハッキングで全ユーザーの資産が盗難されるリスクが低い。
中央集権型取引所のように、企業が資金を集めることはないため、分散管理されたプロトコルによって運営されることが多い。P2P運営されている場合は中央集権型よりも維持費用が安く、取引コストも相対的に安く設計できるメリットもある。
DEXは主に、スマートコントラクトに対応したプロトコルを介して取引を行う。現在では、イーサリアムやバイナンスチェーンを利用したDEXが主流で、イーサリアムならERC20、バイナンスチェーンならバイナンストークンなど、それぞれのプロトコルに対応したトークンの売買が行われている。
また、中央集権型取引所では、開発企業のbotなどによる自動売買や、取引所手動による取引操作など、不審な取引が行われる可能性があるが、DEXの場合は全ての取引が透明化されているため市場操作リスクも低いという見方もある。
日本においては「自動の取引は怪しい」「ハッキングの恐れがある」「KYCがない」などの誤った認識が国やメディアなどで散見される。(通常の取引所の方がハッキングリスクは高く、取引自体も自動化されている。KYCはFiatに交換するときに十分追うことができる)。
また、DEXには管理母体がないため「暗号通貨交換業」に該当せず、したがって認可されていない。
しかし、そもそも「交換業」は顧客の資金を集めて通貨の交換を行うために必要な規制であり、顧客が自分の資金を管理しほぼ非営利で運営されるDEXには不要なものである。
カルダノ においても多数 のDEXプロジェクトが進められており、期待が高まっている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb