ゲーム理論 Game theory

複数の合理的な意思決定者がある目的のために集まったとき、どのような行動をするかを数学的モデルで検証する学問。社会科学や論理科学、システム工学、コンピュータ工学など、あらゆる分野で応用されている。
元々は、各参加者の損益が他の参加者の損益と正確に均衡する「ゼロサムゲーム」が研究対象だったが、21世紀になると、人間だけでなく動物やコンピュータの論理的意思決定などあらゆる科学分野で応用されている。
ビジネスや数理経済学の分野では、相互に影響し合う競合の行動予測をモデル化するために非常に有効な考え方として使用されている。具体的には、オークションや交渉、M&Aの価格設定、寡占の構築、SNSマーケティング、メカニズムデザインや投票システムなどに応用されている。
カルダノにおいては、PoSやカタリストなどにオックスフォード大のE.Koutsoupias教授(ゲーム理論研究者)などが中心となって手がけたアルゴリズムが盛り込まれている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb