イニシャル・ステークプール・オファリング ISPO

ISPO(Initial Stakepool Offering、イニシャル・ステークプール・オファリング)とは、カルダノのコミュニティにおいて、特定のステークプールへの委任者に対して新規のトークン配布を行うこと。
トークンセールを行わずに出資できるため、ホルダーがノーリスクでトークン配布できるほか、該当プールへの委任促進につながるメリットがある。
ISPOは主に2通りの方法がある。

最初のISPOは、プロジェクト開発プールによって考案され、自プールのマージンを99%にすることで、委任者に支払われるリワード分のADAを新規トークンに交換する、という方式で行われた。
この方法は、実態としてはリワード分の出資を行うリスクがあるため、もし開発団体がスキャムだった場合、委任者は本来受け取ることができたリワードを損失するリスクが発生する。この場合、不確定要素のある未来の収入のため、法律的に問うことが難しい可能性があり、ISPO詐欺を助長する可能性があるという批判がなされた。
また、特定のプールへの委任の集中化を招くため、分散化に対する懸念があるとも批判された。

このような批判や、他SPOからの批判によって支持が集まらないリスクがあるため、新たに「FISPO(Fair ISPO)」という方式が考案された。FIPOでは、開発団体と関係を持たないステークプールへの委任に対して新規トークンを配布する。
この方式では、開発団体は資金調達ができないものの、ホルダーはノーリスクでトークンを得ることができるほか、集中化を一定レベルで回避することができる。

一方で、複数とはいえ特定のプールに委任が集中することは避けられないため、改善の余地があるのではと議論が続いている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓