ウロボロス・ハイドラ Ouroboros Hydra

高トランザクション出力、低レイテンシー、ノードあたりの最小ストレージという3つの重要なスケーラビリティ課題を解決するオフチェーン・スケーラビリティ・アーキテクチャ。
マルチパーティーステートチャンネルの導入が提案され、並列トランザクション処理が可能となり、カルダノのTPS(Transaction Per Second)出力が劇的に向上しトランザクションの確認が即座に行われるようになる。オフチェーンのステートチャネルをヘッド、台帳をマルチヘッドとする。Ouroboros Hydraは、ハードウェアの性能向上による垂直方向ではなく、ノードを追加することで性能を向上させる水平方向のスケールアップを可能にする。

初期のシミュレーションでは、各ヘッドが最大1000TPSとなることがわかっており、1000個のヘッドがあれば、理論的に100万 TPSとなる。
Ouroboros Hydraが実装されれば、カルダノは、例えばグローバルな決済システムのレベルまで、他に類を見ないレベルでのスケールアップが可能となる。

HydraはOuroborosプロトコルとカルダノ台帳に合わせて設計されているが、必要な特性を共有していれば、他のシステムに採用することも可能。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb