プルーフ・オブ・バーン Proof of Burn

PoWPoSにおいて、特定のトークンがバーン(焼却)されたことを証明するコンセンサス・アルゴリズム
2012年にLain Stewart氏によって考案され、現在カルダノの開発元であるIOGでも導入の議論がされていると言われている。
PoBは、引き出し不可能に設定された特別なアドレスにトークンを送信することで、実質的にバーンされる仕組み。ネイティブトークンであるADAの場合はADAの希少性を保つ目的で、カスタムトークンの場合はトークンが確実にバーンされたことを証明する目的で使用されると考えられる。
トークンのバーンに関しては、大きな賛否が相次いでおり、今後の動向が注目される。

参照:Cardano sets sight on token burning despite resistance from founder Charles Hoskinson

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb