サイドチェーン Side Chain

サイドチェーンは、レイヤー1と連携しながら、独自のコンセンサスルールによって稼働する「別のチェーン」のこと。
レイヤー1との資産の相互転送を可能にし、レイヤー1で採用されにくい機能の提供を行うことができる。また、シンプルなコンセンサスメカニズムを提供することでスケーラビリティを向上させることも可能となる。

その一方で、サイドチェーンは少数の参加者によって運営されることが多く、分散化やセキュリティ面が犠牲となっているという一面を持つ。
しかし、サイドチェーンは多くの場合でバリデータによる検証と、スマートコントラクト機能を備えたブロックによって構成されたブロックチェーンであり、生成されたデータはチェーン運営者以外でも検証・確認・利用をすることができる。
レイヤー1からサイドチェーンへ移動する場合、通常、レイヤー1の資産を焼却またはロックをすることで、サイドチェーンネットワークでの等価交換を行う。

サイドチェーンの例としては、下記のものがある。

  • Liquid Network (Bitcoin)
  • RSK (Bitcoin)
  • Polygon (Ethereum)
  • Milkomeda (Cardano).

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。 COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE[wp-svg-icons icon="copy" wrap="i"]
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb[wp-svg-icons icon="copy" wrap="i"]
cexplorer.ioでの情報はこちら↓
タイトルとURLをコピーしました