カルダノが目指す「真の分散化構想」とは?【超訳チャールズ・ホスキンソン】

 

2022年6月30日に チャールズ・ホスキンソン氏が行った、「Let’s Talk Roadmap and Governance」を全文翻訳しました。カルダノのロードマップだけでなく「真の分散化」における組織構想の全貌が明かされた、非常に重要な内容です。カルダノの将来性を見極める貴重な素材となるため、長期ホルダーの方はぜひご一読ください。

翻訳:@dino_coffeepool、編集:hix_coffeepool

「Vasil後」のカルダノは?

皆さん、こんにちは。 こちらはチャールズ・ホスキンソンです。いつも暖かく、よく晴れたコロラドから生放送しています。
今日は2022年6月30日。素敵な日で、様々なことが進んでいます。しかし、弱気相場は、ビルド・ア・ベア(Build-a-Bear)を構築するという観点からは素晴らしいものです。ブル(強気相場)は成長と普及を目指し、ベア(弱気相場)は物事を成し遂げることを目指します。だから、物事を成し遂げる時期に戻るのは良いことです。
今年中のカルダノの予定についてお話ししましょう。ちょっと画面を共有します。皆さんご存知の通り、現在Vasilが進行中で、テストネットのハードフォークが行われました。7月3日現在、ノードバージョン1.35.0が動いていますが、いくつかクリーンアップする必要があったため、(メインネットまでに)1.35.1とする可能性もあります。テストは本当に大変でした。実は、これまで述べたように、Cardanoのハードフォークとしては最も複雑なものなのですが、結果は良好でした。

では、Vasilハードフォークの次は何?という疑問がわくと思います。4つの開発項目が同時進行していますが、そのうちの1つがShelleyクリーンアップ」です。 Shelleyのクリーンアップとは、部分委任のプロキシ・キーなどです。はい、忘れているわけではありません。定量化されたものがたくさんあります。私たちはそれを知っていますし、人々はそれに取り組んでいますし、それは大変なことです。
2つ目がGoguenに関するものです。Vasilは最初のGoguenのクリーンアップのハードフォークで、多くの基本的な新機能と能力を追加しました。例えば、PABのドキュメントよりも優れたものを作る必要がありますし、言語の構文解析の最適化、コミュニティが要求しているクールなものなど、まだまだたくさんあります。でも、実際にはVasilがその大部分をカバーしてくれていますが、まだGoguenで開発するものがたくさん残っています。

3つ目がBasho関連です。Bashoは、サイドチェーン「Mithril(ミスリル)」と「Input Endorsers(インプット・エンドーサー)」に分かれています。Mithrilは現在構築中で、このチームは2週に一度のリリース頻度で、大きく前進しています。現在、スプリント7か6の段階ですが、順調に進んでいます。8月頃に論文が出る予定で、内容としては、OBFTをアップグレードしてクォーラムサンプリングを行い、サイドチェーンを実行する方法を説明するもので、ブリッジの議論などもありますが、かなり良いものになりそうです。
それから夏の間に、Input Endorsersのオフィシャルペーパーと仕様の作成に取り組みます。これはMithrilと拡張UTXOに大きく依存することになるでしょう。まとめると、現在進行中の「Hydra(ハイドラ)」とともに行う作業の流れとを合わせると、相互運用性と拡張性が得られるので、真のスケーラビリティのための驚異的な出発点となることです。
Mithrilにおけるサイドチェーンの考え方は、まさに相互運用性の基礎となるものです。Hydraは適応型アクセラレータで、マイクロトランザクション(小規模取引)のユースケースとして、バックフィル(外部チェーンからの取引入力)を可能にします。そしてInput Endorsersは、基礎システム内でネットワークを制限していたコンセンサス・ボトルネックを解消します。Hydraのチーム、Mithrilのチーム、サイドチェーンのチーム、そしてInput EndorsersのR&D応用研究チームがあり、今後仕様が発表される予定です。

「リナックス財団モデル」で新たな組織改変

そして、4つ目がVoltaireです。Voltaireは面白いですね。Catalystのようなプログラムがたくさんあります。Catalystは投票が急増しているタイミングで、Voting Centerができる予定です。dReps(Delegate Representative、代表委任。実際に投票を行う人物に投票権を委任する分散型システム)も登場する予定です。
ここからの問題は、「どのようにしてCatalystとMainnetをリンクさせるか」となります。今はパーミッションのサイドチェーンとして動いているので、最終的にはメインネットへリンクさせる必要があります。
これはBashoのアジェンダの一部と重なります。それから、プロトコルガバナンスの問題や、アップデートの背後にある官僚機構の問題もあります。プロトコルガバナンスとは、ハードフォークコンビネーター(HFC)の開始やパラメータの変更やCIPプロセスなどのことを指します。

プロトコルの構築、プロトコルの更新などについては、他にもいろいろと考えることがありますし、例えば財務管理などもあります。Voltaireの場合、Cardanoを始めた当初の目標では、EMERGO、CF(カルダノ財団)、IOHKの3者構成で、1者がガバナンスを、1者がエコシステムの成長を、1者がテクニカルを担当することにしていました。しかしCFには過去から現在に至るまで様々な問題があり、例えばマイケル・パーソンズ時代(2018年までのCFのチェアマン)は、非常に困難な状況でした。過去について議論することは可能ですが、要するに、この仕組みは完璧ではなかったということです。特に私がこの7年間に作りたかったのは、プロトコルのガバナンスという権力を効果的に運営する「メンバーベースの組織(member based organization、メンバー主導で運営が行われる組織)というアイデアでした。
これは、私がCFに望んでいたことですが、スイス(CFの拠点)の三者構成は、あまり良いものではありません。今年の初め、私たちは一連のワークショップでCFと長い間話し合いました。簡単に言うと、「常に刹那的だったこれまでの三者構成を、メンバーベースの組織へと移行し、各メンバーは功績によって定義されるようにする」方法についてです。このことについては後ほど話します。

この課題について、私たちはなんとか良い人材を見つけることができました。CFは、Dirk Hohndel(オープンソース業界の第一人者)を雇うことができたのです。Dirkは、オープンソースソフトウェアコミュニティの伝説的な人物です。彼はThe Linux Foundationの共同設立者であるリーナス・トーパルズ(Linus Tervalds)と幅広く仕事をしていて、彼はオープンソースプロジェクトのことを、私やエコシステムの他の誰よりもよく知っています。CFとIOで働いている契約社員や個人、その他の人たちを合わせると、50人近くがスピンアウトし、2月から基本的にこのメンバー主導の組織の構築のために働いています。具体的な組織については、9月に発表があると思います。
基本的にこの組織には、ガバナンス運営委員会技術運営委員会、そして成長や導入に関連するその他の委員会、CIP委員会などが設置される予定です。基本的には、これらの委員会が、たとえばロードマップに関する決定を行い、CIPに関する提案を行い、その他多くの戦略的事項を決定します。

カルダノは「メリット&メンバーベース組織」を目指す

素晴らしい感じがしますが、私はこの件に同意しませんでした。そこで私たちは、「二院制モデル」に移行したいと考えています。このモデルは「基本的に執行部側が提案し、ADAホルダーが可否を投票する」というものです。
基本的な考え方としては、Vasilハードフォークの後、次のハードフォークコンビネーターは特別なタイプのアップデート提案としてパッケージ化される可能性が高く、そのための標準となるCIP(カルダノ改善案)を作成し、それをADAホルダーに対して開示し、ホルダーが是非を投票します。そしてその結果は、CIP執行部が署名し実行されます。
署名のための「更新キー」は、この3つの組織に接続されており、常に「分散型のアップデートシステム」を構築することを意図していました。
実際、私たちは「horizon 2020」の助成を受け、欧州連合と共同で論文を書き、この方法を探りました。技術的にはかなり複雑です。CIP委員会は「m×n個の鍵」を管理しますが、実際にはADAの保有者の承認がないと署名できないので、更新案を読んで保有者の援助に持ち込み、保有者がOKを出したら、署名して提案書を提出する、という仕組みです。

「メリットベース(Merit-based、利益主導)でありながら、かつメンバーベース(Member-based、参加者主導)の組織」とはどういう意味でしょうか? M&M 組織(Merit Member based organization)では、何かをするか、資金を提供するか、またはその両方をするかのいづれかです。とてもシンプルでわかりやすいですね。つまり、「エコシステムの中にいる人たちが参加できる」ところまで成長し進化できるようにする必要があるのです。
dRepsSPODappsの開発者、そしてコミュニティの役割を担う人たちと一緒に考えてみると、事実上はそのように運営されています。
私たちはアンバサダー・プログラムを提供しており、約1,000以上のプロジェクトがあります。3000人のステークプール・オペレーター(SPO)がいますし、dRepsの大きなコアも形成されています。これらは一対の不連続なセットではなく、重なりあっており、それは素晴らしいことです。しかし、この集合を見ると、非常に大きなグループであり、何千人、何万人もの人々が関わっていることがわかります。
基本的には「よし、次のステップでメンバーベースの組織に参加しよう!」と考えています。多くの委員会があり、ガバナンス運営委員会、技術運営委員会、成長・採用委員会などに参加する人もいるでしょう。

いよいよ「ガバナンス」の第一歩が始動

そこで「効果的な委員会をどのように立ち上げれば良いでしょうか?」という疑問から、CFはDirkを雇ったのです。
彼は、The Linux Foundationで140を超えるプロジェクトを行い、kubernetes、node、Fabricのような暗号通貨プロジェクトから、ハイパーレッジャーグループ全体、bessuというイーサリアムのノードまで関わっており、その多くは非中央集権で運営されています。この種のモデルには多くの組織的な知恵があり、基本的に私たちが9月末に追求しているのはこの点です。
最初のセットアップは、今から9月までの間に行います。7月から8月にかけて、参加志願のためのWebサイトを立ち上げます。このメンバーベース(参加者主導)の組織に何らかの形で参加したい人は、ある一定数までは誰でもサインアップでき、その後、組織に会費を支払うか、組織に何らかの仕事を提供するか、あるいはその両方を行うことになります。

その一方で、Cardanoのために働く人をもっと増やす必要があります。dcSparkのSebaがCIPエディターになったことは周知の事実ですが、彼の役割はCardanoブロックチェーン自体によって完全にカバーされています。
私はCatalystプロジェクトのHarris Warrenに「あと3~5人のコミュニティメンバーがCIPエディターになって、Cardanoブロックチェーンから完全に報酬が支払われるようになってほしい。また、10~15人のフルタイムエンジニアが直接Cardanoのために働き、Cardanoから報酬を得るようにしたい。これを、できればファンド10の大きな柱にしたい」と伝えました。
そろそろ実際にカルダノのために働く人たちが完全に揃う時期なので、ぜひ提案してほしいですね。それがこのメンバーベースの組織によるシステムのポイントです。
それも、ブートストラップした後に、メンバーが直接Catalystから資金を得ればいいだけなので、実はとても簡単なことなんです。しかし、企業だけでなく、個人でもこのようなことができれば、チェック・アンド・バランスに優れているので、コードを書く技術力がある人、CIPを読む能力がある人、そのプロセスの一部となる人は、考えてみてください。
求人が出てきているので、年末までにすぐにでも実現できそうです。これが少しでも役に立てばいいのですが。私が伝えたいのは、片付けが大変だということですね。

「Vasil後」も、たくさんの楽しみが待っている

まだ、2023年に向けてのイノベーションが残っていますし、それは楽しみでもあり、エキサイティングでもあります。この構造がなくなり、根本的に異なる構造に移行するという大きな変曲点を迎えようとしている分岐点まで来ました。
その過程では、膨大な量の学びがありました。しかし、公平を期すために、私たちは7年間の歴史を生き、多くの出来事を経験して、今に至っているのです。ロードマップや戦略など、コミュニティを適切に代表し、投票による同意の要素を持つ、巨大な会員制組織の存在が目前に迫っていることは、私にとって非常にエキサイティングなことなのです。多くの優秀な人材がこのプロジェクトに取り組んでおり、9月の発表が待ち遠しいです。
とあるイベントに近々参加する予定ですが、今は何も言えません。カルダノ財団と相互にNDA(機密保持誓約)を結びましたが、良いことがたくさん起こっています。アップデート委員会に関して、家の大掃除をすることになりました。この種のことはやらなければならないし、それは常にそうでした。また、プロキシ鍵や部分的な委任など、他のものについてもハウスクリーニングを行う必要があります。エコシステムとしてのgithubコミット数は、今でもナンバーワンです。 Vasilからのプッシュアウトは非常に複雑ですが、非常にシームレスで、エコシステムとして驚異的なアドバイスとコミュニティ全体とのコラボレーションを受け取っています。

カルダノは、一個人、あるいは一企業、一団体の集合体によってコントロールされていないのが現実です。 この点では、すべての暗号通貨の中で最も分散化された通貨の一つです。なぜなら、この巨大で超賢いコミュニティが、ある目的に向かって働いているからです。レガシーを取り除き、きれいにしなければならないこともあります。車輪を切り落とさなければならないこともあります。思ったより時間がかかることもありますが、それをやり遂げようという意思があり、コミュニティはそれを確実に実行に移そうとしています。しかし、私たちには、北極星が必要です。私はこのことについてよく考えました。では、私たちの北極星は何でしょうか? このようなことを行う際の指針となるものです。そして私たちにとってのそれは、分散化という概念です。正確にいうといくつかある中の一つです。
北極星(north star)はたくさんありますが、分散化という概念が今年取り組める大きな北極星だと思います。私たちは、「 Edinburgh Decentralization Index(エディンバラ分散化インデックス)」というものを立ち上げています。エディンバラ大学を拠点に、暗号通貨の非中央集権化を測定する予定です。
ですから、夏の間、いくつかの論文が書かれることになります。エジンバラ大学とチームが管理するラボが設立される予定です。このラボでは、ビットコインから始めて、イーサリアム、カルダノと進み、実際にインデックスを作成する予定です。このインデックスでカルダノがどう評価されるかはわかりません。良い評価の項目もあれば、それほどでもない項目もあるかもしれません。それを集計して点数を出します。素晴らしいのは、オープンソース・プログラムの運営監視委員会が、どうすればこれを改善できるか、どうすればこれをより良くできるかという議題と戦略を立てることができる点です。

今まさに、カルダノに「追い風」が吹いている

ですから、北極星がいくつも必要です。プロジェクトを特定の方向に導くための星座の集まりが必要なのです。1つは分散化であり、レジリエンス(回復力)も必要です。さらには効果やコストそして用途と実用性です。私たちは、初期のロードマップにおいて、こうしたさまざまな懸念のバランスを取るために最善を尽くしました。しかし、すべての人が常にハッピーでいられるわけではありません。
例えば、スマートコントラクトの市場投入が遅かったため、カルダノは今日起こっている多くのDefiを逃すことになりました。2021年には、「こいつらはなんて馬鹿なんだ、なんて非力なんだ」と言われたものです。
今、DeFi市場が崩壊し、指数関数的な損失が発生しているため、この遅れが実際には私たちへの追い風となっています。私たちはそのような海で遊ばなかったので、サメに噛まれずに済んだだけなのです。スマートコントラクトはもう少し早くからエコシステムとして存在していたかもしれませんが、開発モデルに対する慎重な配慮が足りず、最終的には、暗号通貨エコシステムが現在取り組んでいる多くのハッキングやプロトコル設計の欠陥などの問題に悩まされることになったかもしれません。
それは実際にいくつかの主要な暗号通貨を崩壊させるかもしれません。LunaもCelsiusも既に破壊されましたし 指数関数的にリスクが拡大し続ける中、もっと多くの崩壊が起きるでしょう。そのような中でロードマップを策定するのは難しく、それをまとめる適切な人材が集まるのを待つ必要があるのですが、まさに今がその時なのです。

実は、コミュニティはコロラドで大きなイベントを開催する予定です。Rare Bloomのイベントですが、私はその開催には全く関与していませんが、2,000人以上集まるようです。ブラジルで起きたコミュニティ・イベントが、世界各地で突然実現するというのは、考えてみればかなり異常なことです。その点では、かなり特別なことなので、みんな準備はできています。
5年前にメンバーベース組織にできればよかったのですが、当時のチェアマンはコミュニティのニーズよりも自分のニーズを重視することにしたのです。しかし、回復力のあるエコシステムには軌道修正能力があり、悪質な人材を排除することができるはずで、それが今回起こったのです。しかし、残念ながらレガシーな構造を残したままでは、メンバーベースの目的に適うことはありません。
ですから、意味のある構造を構築し、その中に組み込まなければならないと思いました。少しスピードは落ちますが、意図はまだそこにあり、あらゆるものを移行させることができます。
もし、参加したい方がいれば、ウェブサイトが立ち上がったら登録して、ぜひ参加してください。もしくは、ADAを利用して投票してあなたの声を聞かせてください。私たちは、分散化のような客観的な指針を提供できるよう、最善を尽くします。それは基礎的なものです。そして、他にもじっくり考えるべきことがあり、それはどんどん進んでいます。

「Vasil」が本来の「スマコン開始バージョン」だ

全体として、それはただのアイデアに過ぎなかったと考えれば、かなり驚くべきことであり、そう考えると、私たちは皆、この旅に一緒に乗ってきたのです。
2015年にホワイトボードに書かれたアイデアから、この技術的なリヴァイアサン(個人が集まり構成された巨大な権力の集合体)になりました。
カルダノは、ブロックチェーンエコシステムの月面着陸のようなものです。
私たちは100以上の論文を書きました。たくさんのコードが持ち寄られ、世界的なムーブメントを巻き起こしたのです。 私たちは、VoltaireBashoのような偉大な人々に敬意を表し、ますます分散化し、長い間ここにいることになる人々の集団を作り上げたいという願望についての基本概念と原則に忠実であろうと努めています。

私たちは暗号通貨の中で最も強いコミュニティを持っていると思いますし、これからも強いコミュニティを持ち続けると思います。難しいこともありました。Shelleyを連れ出すのは大変な仕事でした。あれは本当にsad pandaな状況でした。Goguenもまた、決して簡単なものではありませんでした。
私自身は、できればVasilを、去年の9月に立ち上げたAlonzoの代わりに立ち上げたかったのです。しかし、皆さんはそんな中でも、CornucopiasWingRiders, MinSwap, MuesliSwap, Sundae Swapliquid , Orbitsなどのすばらしいものを構築してくれました。Vasilによって、もっといろいろなことができるようになるでしょうし、もっと簡単なライブラリを作る必要があるとか、ドキュメントを作る必要があるとか、いろいろなアドバイスが来るでしょう。今、コアな部分だけでも15社以上の人が集まってやっていますが、それらをすべてメンバーベースの組織に巻き込むことができるというのは、かなりすごいことだと思いますので、今年の後半は反映の期間となるでしょう。
議論の時期でもあります。後始末をする時期でもあります。そして、本当に深く掘り下げ、全員が正しい場所にいるようにする時期でもあるのです。

「カルダノの基礎」は、これから最終段階に

そのために、今私たちはこのVasilと拡散パイプラインの実装に一生懸命に取り組んでいるのです。Cardano上で本当に面白いものをたくさん作るための十分な余裕がそこにあると思いますし、私はずっとやりたかった「RealFi」のビジネスに取り組むことができます。
私がCardanoを作ったのは、銀行口座を持たない人たちに銀行サービスを提供し、30億の人たちが今は持っていない金融オペレーティングシステムを使えるようにするためです。それは私の個人的な使命に過ぎません。あなたの指名である必要はありませんし、カルダノはオープンなプロトコルなので、誰でも好きなように使うことができます。
そのために作ったし、それを追求するために人生の大部分を費やしたいと思っていますが、そのためには良い基盤が必要で、今まさにそれをやっているところなのです。エコシステムとしての基盤の最後の要素を完成させているところです。
弱気相場では、誰もがより協力的になり、より多くの人が参加し、一緒に仕事をすることを望み、実際に連絡を取り合うようになります。強気相場は、皆がズルをし始め、人々は非常に敵対的になり、極めて否定的な言葉が使われ、非人間的なことが起こりますが、それはそれでいいんです。つまり、これはサイクルの本質なのです。私は今まで6つのサイクルを経験してきたので、市場の強気と弱気にどう付き合うかによりますが、私はそれに慣れています。
私は、傲慢なマキシや残忍なコメント、裏切りには決して慣れることはありませんが、経済的なインセンティブが一致したときに人々が異なる行動をとるという事実には慣れました。そういうものであり、それを受け入れるのです。揺るぎない唯一のことは、カルダノコミュニティはこれからも存続し、皆さん一人ひとりが求められたらいつでもその場に立ち上がり、やり遂げるということです。
7月と8月には、Webサイトが完成します。もしあなたがメンバーベースの組織に参加したいのであれば、先にサインアップしておいてください。そして9月には、その名称や仕組み、法的な構造などを発表することができます。そのためには、法的な枠組みをどうするかとか、いろいろなことが必要です。
コード面では、先ほど申し上げたように多くのクリーンアップを行い、「Vasil後」は膨大な量の技術的負債の削減とリアーキテクチャを行い、そして多くのバックログを処理するよう推進しています。

それでは皆さん、また次回に。ありがとうございました。また近いうちにお話ししましょう。

 

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓