タ行」タグアーカイブ

中間業者 Middleman

サービス提供者と顧客の中間に立ち商売をする人のこと。IT業界では一般的にSNSやアプリストアなどのプラットフォーム提供者のことを指すことが多い。
SNSやアプリストア、マーケットプレイスなどのプラットフォームは、顧客とサービス提供者を結ぶツールとして便利な反面、利用者が増加すると「プラットフォームを使わなくては両者の接点がなくなる」という独占状態に陥る場合がある。
このような巨大な力を持つプラットフォーム提供者は、中間マージンを自由に設定し大きな利益を搾取することで、サービス提供者にとって大きな負担となることが近年問題視されている。
よく知られた例としては、アプリの売上の3割を徴収するアップルに反発したエピックゲームズとの裁判がある。
このように、プラットフォームを提供する中間業者の存在は、将来的にあらゆる産業の成長のガンになりつつあると指摘されている。
GoogleやFacebookの個人情報トラッキング広告、アマゾンや楽天などのEC、AppStoreやGooglePlayなどのアプリストアなどがその最たる例である。
ブロックチェーン業界では、このような中間業者を排した自律分散型プラットフォームを構築することで、中間マージンを最小化し、サービス提供者と消費者を最小コストで結びつけることを目指した多数のプロジェクトの開発が進められている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】

テストネット Testnet

ネットワーク上のシステムにおいて、プログラムのテストを行う、いわばベータ版のネットワーク。実際のクライアントに影響が出ないように、一般公開されない閉じたネットワーク内で、仕様変更や高負荷テストなどを行う。
カルダノのテストネット(INT:Incentivized Testnet)では、テストネット版のプログラムが提供されており、これに参加する有志ステークプールのみによって運営されている。
テストネットでは、一般のホルダーが持つADAとは異なる「テスト用ADA」によって運営され、これに対しては金銭的価値がつかない。
そのため、テストネットの参加者は基本的に専門知識を持つ開発者が中心となっている。新機能の試験や、SPO専用のプログラムの開発、スマートコントラクトの試験運用などが主な目的となっている。
テストネットに参加するSPOは、pooltool.io 上で✅(verified INT pools)の表示によって確認することができる。
これらのプールのTwitterアカウントの多くは、今後のアップデート情報などを配信していることが多い。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

トークン Token

暗号通貨プラットフォームにおいて利用可能な通貨のことで、主に以下のサイクルで利用される。
・ノードとしてトランザクション証明することによって受領可能
・別アカウントへ送信することで受け渡しが可能
・送信する際の利用料として一定量を使用
本来は、プラットフォームを運営するノード同士が送金し合う利用用途だったが、秘匿性やサイファーパンクの流行により、ノード以外の人々が法定通貨で売買をするようになり、ビットコイン取引所などが登場すると、プラットフォーム外での価値がつくようになった。
後に、イーサリアムによってスマートコントラクトが開発されると、イーサリアム上において独自の決済条件を盛り込んだ「カスタムトークン」が作成可能になった。これにより、誰でも容易に独自の経済圏(トークンエコノミー)を構築できるため、暗号通貨市場は数千種のトークンが登場する事になった。
「トークン」の本来の意味は「代替貨幣」で、プログラム用語では「最小単位の文字列」の意味で広く使用されている。
カスタムトークンの登場により、プラットフォーム内の基軸通貨を「コイン」、カスタムトークンを「トークン」と使い分ける場合もあるが、コインの方が後発の呼称と考えられる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】

チャールズ・ホスキンソン Charles Hoskinson

Charles Hoskinson
@IOHK_Charles
1987年生まれ。カルダノの開発を手がけるInput Output Global CEO。数学者。メトロポリタン州立大学、コロラド大学ボルダー校で解析的数論を学んだ後、業界での経験を経て暗号技術に参入。2013年に暗号通貨研究会を設立するなど早くから暗号通貨市場に参入しており、Invictus Innovations、Ethereum、IOHKの3つの暗号通貨関連のスタートアップ企業の設立を手がけた。ビットコイン財団の教育委員会の設立委員長も務めた。
現在は、カルダノをはじめとする暗号通貨プロトコルの研究・開発を軸に、暗号通貨教育、分散化のエヴァンゲリスト、そして暗号ツールの一般化に取り組んでいる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb