基礎」タグアーカイブ

カルダノ(ADA エイダ)とは? | その特徴が5分でわかる

2021年9月に300円を超え、ついに日本上場も果たしたカルダノ(ADA、エイダ)。日本でも大きな話題となってきました!
もともとホルダーではなかった方の中にも「今後の期待を込めて思わず買っちゃった」「上場前に情報を集めたい!」という方も少なくないかもしれません。
そこで本記事では、「とりあえず買ってみたけど、ADA(エイダ)ってどういうコイン?」という方に向けて、手っ取り早くカルダノとADAが理解できるポイントを超ざっくりお伝えします。

ビットコインやイーサリアムを超える「第3世代の暗号通貨」

カルダノを一言で説明すると「第3世代の暗号通貨」と言うことができます。
これは、「ビットコイン(第1世代)とイーサリアム(第2世代)の次の暗号通貨」という意味です。
なぜそのように言われているかというと、カルダノが「ビットコインとイーサリアムの問題を解決する」ために開発された暗号通貨だからです。

ビットコインとイーサリアムはそれぞれ暗号通貨の中でトップクラスの人気を誇り、投資対象として盤石に見えますが、それぞれ技術的・構造的な問題点が指摘されています。
まずは、その特徴と問題点を整理してみましょう。

ビットコイン(Bitcoin)とは?


【特徴】

・ブロックチェーンを活用した、ハッキングが難しい決済システム。
P2P&オープンソースで、誰でもブロックチェーンにに参加できる。
・発行量に上限があり、増加することができない。
【問題点】
・マシンパワーで運営者が決まる(PoW)ため、権力が集中化しつつある。
・消費電力がインフレし、一国の年間消費電力に匹敵するほどに悪化。
・送金速度が遅く、世界中の取引に対応できない。

ビットコインは世界で初めて成功した暗号通貨であり、人の手から離れ、完全に自立したシステムだけで通貨の発行・取引を世界で初めて成功させた暗号通貨です。
「マイニングプール」として、取引システムに参加することは誰にでも可能ですが、システム自体に介入して不正を行うことは極めて難しい、安全性の高さが特徴です。
世界的な人気を誇る一方で、「CPUパワーが強い団体のみが運営権を取れる」システム(PoW)によって、価格の高騰とともにマシンパワーの競争が勃発し、一部の巨大組織しか参入できない集中化や、無尽蔵の消費電力の高騰といった問題が指摘されています(現在、すでに国家の年間消費電力と同程度と言われています)。
また、世界規模での利用を想定していない設計のため、利用者の増加に伴い送金遅延が起こることも問題視されています。

またビットコインは、会計モデルにUTxOモデルを採用しているため、トランザクションにプログラムを加える機能がありません。後述のイーサリアムの大きな特徴であるスマートコントラクトを実装することができないため、送金のみの機能しか利用することができないという弱点があります。

 

イーサリアム(Ethereum)とは?

【特徴】
・スマートコントラクトの実装。
・カスタムトークンが作成できる。
・マシンパワーに左右されない決済システム(PoS)の導入。
【問題点】
・膨大な取引量が発生すると速度が遅る上に送金料が高騰する。
・ステーキングは32ETH必要。
・2021年時点ではPoWも並行しており完全なPoSではない。
・送金の際に正確な手数料が予測できない。
・発行量に制限がなくインフレが起こる可能性がある。
・将来的な運営方針が不透明。

イーサリアムは、2013年に大学生だったビタリック・ブテリン氏が考案した暗号通貨モデルを、ギャビン・ウッド氏が学術的な整理を加えたものをベースとして開発されました。
その大きな特徴は、「決済の条件設定」を加え、特定条件を満たした場合に自動的に決済を行う「スマートコントラクト Smart contract」が盛り込まれている点です。
この機能の応用し、イーサリアム上に「任意の条件があるトークン」である「カスタムトークン」を生み出すことを可能にしています(ERC-20)。カスタムトークンの登場により、比較的容易に暗号通貨を発行することが可能になり、これまでで実に数千種類の新通貨が生まれたり、NFTやDEXなどのさまざまサービスの基軸となり、時価総額においてビットコインに次ぐ人気を誇る、非常に強固な地位を築いています。

しかし、そのイーサリアムにもいくつかの問題も指摘されています。

1つは「スケーラビリティ」の問題。「アカウントベースモデル」という会計モデルの設計上、膨大な取引量に対応することができず、高騰時には頻繁に送金詰まりが発生するほか、送金量が暴騰するという問題が多数指摘されています。
(参考:coinpost「イーサリアム・ロンドンハードフォークによる影響とは|Orkid 寄稿」)

さらに、コンセンサスアルゴリズムのアップデートも暗礁に乗り上げています。
現在のイーサリアムでは、ビットコインと同様にPoWによって稼働していますが、将来的なアップデート「ethereum2.0」では、CPU競争ではなくトークン所持量(ステーキング量)によってブロック生成を決める「PoS(Proof of Stake)」を導入し、将来的に電力消費を抑えることを目標としています。
DeFi市場の原動力ともなっているイーサリアムですが、トランザクション手数料が頻繁に高騰したり遅延や送金エラーが頻発するなど、サービス体験上の大きな問題となっています。

また、イーサリアムは2022年を目安にPoSへの移行を発表していますが、ステーキングを行う場合は32ETHもの多額の資金をロックして専用サーバー(バリデータ)を立てる必要があり、エラーを起こしてしまうと資産からペナルティが課せられるという大きなリスクを伴います。

そのステーキングシステムでは、基本的に一般ホルダーはブロックチェーン生成に参加することはできません。参加する場合は、ステーキング代行サービスに委託をするしかありませんが、資産を第三者に預けるため、ハッキングや逃亡、破綻などの大きなリスクが伴います。

もう1つの問題点として、運営体制が分散化されていない、という問題があります。PoWからPoSへの移行に関しては、運営団体とマイニングプールとの対立が発生しています。
その他の有名な例では、イーサリアムから分裂した「イーサリアム・クラシック(ETC)」の存在があります。

アップデートのたびに開発団体とコミュニティの衝突が度々起きており、「運営陣の決断で一方的にコミュニティの命運が左右される」というリスクが指摘されています。

 

カルダノ(Cardano)とは?

【特徴】
拡張UTXOモデルにより安価で正確な手数料で送金可能
プルータス Plutusによる、安全なスマートコントラクト(実装済)
・簡易的に発行可能なネイティブトークンとNFT(実装済)
・C系、.NET、Java、Javascriptなどでもコントラクトが作成可能(言語コンバーター
完全なPoSによる低エネ・高速なトランザクション(実装済)
投票システム(Catalyst)による民主主義的な運営(2025年までに予定)
・膨大な取引にも対応が可能(2022年Hydra実装予定)
・発行量の上限あり。
・量子コンピュータへの耐性。
学会で認められたアルゴリズムで構築されている。
・3000のノードによる分散化された運営

カルダノは、ビットコインとイーサリアムという2つのプロジェクトに関わりを持つ、チャールズ・ホスキンソン氏によって始まったプロジェクトです。
ビットコインとイーサリアムの問題を解決し、何十億人のユーザーを想定した国際的規模での利用を可能にするため、世界中の大学と連携した研究によって生み出されました。
イーサリアムがC系言語などのオブジェクト指向型言語でプログラムされているのに対し、カルダノは純粋関数型言語である「Haskell」によって、正確で安全なシステム構築に取り組んでいます。

開発団体であるIOGのリサーチチームは、数年前からイーサリアムの会計モデル(アカウントモデル)の限界を指摘。独自に開発した「拡張UTXOモデル」をベースに、正確に手数料の予測が可能で、低コストな会計モデルの構築に成立しました。

この安定したトランザクションモデルをもとに、さらに独自開発した独自のPoSアルゴリズム「Ouroboros」によって優れた安定性を持つトランザクションシステムを構築しています。
カルダノのPoSにおいては、資産をロックしないでステーキングが可能で、年利約5%の報酬が得られるという大きな特徴があります。

2021年9月にはスマートコントラクトを実装。Haskell開発者であるPhilip Wadler氏を要する開発陣が生み出した独自言語「Plutus」によって、安全性の高いコントラクトの構築を可能にします。
Plutusの実装に合わせて「言語コンバーター」も実装予定で、C+や.NET、Javaといった一般的に普及した開発言語でも利用可能になります。これにより、世界中のエンジニアがシームレスにエコシステムへ参加することが可能になります。

IOGは、2021年9月13日に実装されたスマートコントラクトにより、今後大きく市場規模が拡大することを見越し、すでにその対策に着手しています。来年を予定している「芭蕉時代」では、サイドチェーンによる取引処理システム「Hydra」を実装し、何十億人というユーザーがスマートコントラクトを使用できる土台を構築する予定です。

2025年までには、他ブロックチェーンプロジェクトで課題となっている「運営の分散化(ヴォルテール時代)」へのアップデートを見据えています。
すでにカルダノでは、ゲーム理論を取り入れたインセンティブ型投票システム「Catalyst」がリリースされており、コミュニティ投票によってエコシステムへの資産運用が実行されています。
2025年以降では、カルダノのアップデートに関する方針をCatalyst投票に移行し、本物の自立分散型ブロックチェーンとなるべく開発が進められています。

世界規模の利用を想定した暗号通貨

このように、カルダノは「何十億人もの人が使う、未来の実生活」を見据えて開発が進められている、現在進行型の暗号通貨です。
現在高騰が続くビットコインは、現在の運営コストや送金速度を鑑みると、実用としての価値はほぼ薄れています。イーサリアムは、現在も開発が進められPoSの実装やスマートコントラクトの人気により、直近の業界をリードしていく可能性は高いとみられています。
しかし、ビットコインやイーサリアムには、世界規模での活用という視点から見て、多くの弱みが指摘されています。
カルダノと他プロジェクトとの違いを、次のようにまとめることができます。

手数料が事前にわかる。そして圧倒的に安い
バグやトラブルが圧倒的に少ない
一般言語のエンジニアでも、すぐに開発着手できる
世界中の大学が理論をチェックしている

安定性と信頼性が高いシステムであるカルダノは、すでに団体や企業との連携も行なっています。
エチオピア政府では500万人の学生ID登録などに利用されるほか、スポーツメーカーの「NewBalance」のトラッキング、携帯電話企業の「WorldMobile」とアフリカでのアンテナ設置、慈善団体「SavetheChildren」への難民IDサービスに利用されています。
カルダノの エコシステム は日進月歩で拡大を続けており、毎日のように新たなニュースが飛び交っています。

本稿をお読みになった方の中には、「チャートがよかった」「上場したら上がる」から購入された方も多いと思います。
しかし、カルダノの本質は「実生活で本当に利用可能な暗号通貨」を目指している点にあります。
暗号通貨が本当に世界規模の実生活で使われるためには、現状のビットコインやイーサリアムでは不十分な点が多いことは前述しました。

ADA購入を機会に、暗号通貨の解決策を模索するカルダノの活動に関心を持っていただけたら幸いです!

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

「トークンエコノミー」が5分でわかる記事

2021年2月に、カルダノのテストネットで「MARY」へのハードフォークが発表されました。
今回のハードフォークでは、簡単に独自トークンが発行できる「ネイティブトークン」システムが実装され、カルダノ初のドル建のステーブルトークン「AgeUSD」がリリースされるなど、カルダノ界隈が非常に盛り上がっています。
なぜこの「ネイティブトークン」でこれほどまでに投資家が盛り上がっているかというと、次世代の金融システムとして話題の「トークンエコノミー」への大きな一歩となるからです。
本稿では、次世代の暗号通貨が可能にする「トークンエコノミー」の可能性について、ものすごくわかりやすく解説します!

そもそも「トークンエコノミー」って何?


「トークンエコノミー」の基本的な考え方は、よく子供時代にもらった「お勉強とご褒美」をイメージするとわかりやすいでしょう。
わかりやすいモデルで考えてみます。
【トークンエコノミーの基本的なイメージ】
①親が10枚の「お勉強トークン」を発行する。
②子供が1時間勉強するごとに、親が「お勉強トークン」を1枚、子供にあげる。
③子供は「お勉強トークン」を1枚、親に支払うことで、ゲームを1時間遊ぶことができる。
このトークンエコノミーのモデルでは、
●親は、子供にゲームをさせる代わりに、勉強をさせることができる。
●子は、勉強をすることで、ゲームを遊ぶことができる。

のように、お互いに強制をすることなく、相互に利益を得るシステムを作ることができます。
このモデルから「トークンエコノミーとは何か」というエッセンスをまとめると、下記のようにまとめることができます。

トークンエコノミーとは
・独自トークンで「特定の行為」で利益を交換する。
・「特定の行為」によって、発行者と利用者が利益を交換する。
この「トークンエコノミー」の考え方は、子供と親だけでなく、身近な経済でも探すことができます。
日本で最もわかりやすい例としては、「地域振興券」でしょう。地域振興券を先程のモデルに照らし合わせると、次のようにまとめることができます。
【地域振興券の基本モデル】
①自治体が、1万円で1万5000円分利用できる「地域振興券」を発行する。
②市民は、自治体が指定した特定地域限定で、5000円お得に買い物ができる。
③自治体は、指定した地域での経済活動を援助できる。
そのほかにも、加盟店で使用することができる「paypayポイント」や、電車の乗車や買い物で利用できる「suica」など、電子マネーの多くが「トークンエコノミー」の応用編ということができます。

なぜ、暗号通貨の登場で「トークンエコノミー」が盛り上がったのか?

従来型のトークンエコノミーは、日本でも一般化しています。
ではなぜ、暗号通貨の登場が「次世代のトークンエコノミー」を生み出したのでしょうか?
その鍵は、イーサリアムによって生み出された「スマートコントラクト」の登場にあります。
イーサリアムでは、プログラミングを使って「ある行為が行われたときに、自動的に指定の決済を行う」というスマートコントラクトが実装されました。スマートコントラクトが施されたトークンを発行することで、
・特定の使い道をすることで、トークンを受け渡す。
・入手したトークンを、特定の用途で使う。

というだけに止まらない、複雑な条件を設定したトークンの発行が可能になりました。
一見すると電子マネーでも良さそうに見えますが、イーサリアム上で作成されたトークンはネット上で一般公開されており、世界中の人々がそのトークンの取引を確認することができます。
そのため、インチキトークンや、誰も使っていないトークンであることなどは、すぐにわかってしまいます。ブロックチェーン上で作られたトークンには、通常のトークンにはない生成のしやすさ・透明性が担保されているのです。

すでに利用されているトークンエコノミー


ブロックチェーン上で作成されたトークンを使って、優れたトークンエコノミーを形成している好例としては、「brave browser」があります。
日本でも、イーサトークンの「BAT」が上場されていますね。
brave browserでは、BATを活用して、次のようなトークンエコノミーが形成されています。
【brave browser(BB)の基本モデル】
①BBが、プライバシー広告を排除し「安全な広告」のみ表示されるブラウザを提供する。
②広告メディアは、BATを広告費として「安全な広告」をBB社に支払う。
③ユーザーのPCで「安全な広告」が表示されると、ユーザーにBATが付与される。
④貯まったBATは、webメディアへのお賽銭、スタバのコーヒー購入、ドルへの換金などに使える。
(上記モデルはアメリカでの例。日本ではBATポイントが付与)
このトークンエコノミーでは、「BB社」「広告主」「ユーザー」の3社がそれぞれBATを介して利益を享受することができるモデルとなっています。
・BB社は、広告主からBAT代を受け取る。
・広告主は、BATを支払いブラウザ上に広告を出せる。
・ユーザーは広告を見るだけでBATを得て換金できる。

スマートコントラクトを活用することで、このような複雑なトークンエコノミーを比較的容易に設計することが可能になるだけでなく、透明性の高い運営を行うことで、プラットフォームへの信頼性が高まるというメリットがあります。
ブロックチェーン発のトークンエコノミーを形成することで、次のようなプラットフォームの構築ができると考えられています。

透明性の高いチャリティ(寄付)プラットフォーム

チャリティ団体などは、しばしば運営の透明性がないことが問題となっています。集まった資金のほとんどが運営団体に回っていると疑われるケースも少なくありません。チャリティ団体への寄付をブロックチェーンで行うことで、資金の使用方法を完全に透明化したプラットフォームを構築できます。

商品履歴を追跡できる小売システム

日本では、一般的な店舗で売られている商品が偽物かを疑うことは少ないですが、世界的には常に疑ってショッピングすることが必要となっています。流通商品にブロックチェーンで記録を施すことで、改ざんできない、確かな身元の商品を届けることができるシステムが考案されています。

個人情報を「売れる」SNS

FacebookやTwitterなどのSNSでは、ユーザーの個人情報を活用して、広告主が特定の個人に向けた広告を出すことで莫大な利益を生み出しています。通常、ユーザーは自身のどのような情報が活用されているか、知る術はありませんし、そこから直接的な利益を得ることはできません。
ブロックチェーンを活用したSNSが生み出された場合、ユーザーが「どの個人情報を、誰に公開するか」を選択することが可能になります。「ある個人情報を開示することで、それを活用した広告主からトークンを得る」ような仕組みが生まれた場合、SNSを利用することでお小遣いがもらえる、という社会が生まれるでしょう。
カルダノのプラットフォームではすでに、個人IDを自己管理できるアプリ「Atala Prism」が登場しており「個人情報を自分たちのものに!」という動きが出てきています。

トークンエコノミーで「ユーザーの権利」が高まる


暗号通貨を活用したトークンエコノミーの可能性を見ていくと、1つの共通性があります。それは、「プラットフォーマーとユーザーが、より対等になる」という可能性です。
現在のプラットフォームの多くは、ユーザーに利便性を与えながらも「提供する利便性以上の利益を出しているのではないか」ということが問題になっています。
ブロックチェーンによるプラットフォームを構築することで、運営におけるトランザクションが透明化されたり、提供される個人情報を自分で選び、それによって利益を得るという仕組みが可能になります。
暗号通貨によるトークンエコノミーは、ユーザーの権利をさらに向上させることを目的に、日々開発が進められているのです。

トークンエコノミーの最大の敵は、詐欺と法律

スマートコントラクトの登場以来、さまざまなビジネス構想を元に可能性が広がっているトークンエコノミーですが、課題も少なくありません。
第一の課題はやはり「詐欺」の大量生産です。イーサリアムの登場によってこれまで無数のICOトークンが生み出されましたが、「多額の資金調達を行った後に蒸発する」といった詐欺案件が多数を占めます。
そのため、日本などではカスタムトークンの発行ができず、トークンエコノミーの大きな足枷となっています。
法整備や社会の認知度を高めることで法律の改正が行われることで、さまざまな形でトークンエコノミーが形成されるようになると、よりユーザーに優しい経済の仕組みが生まれると思われます。
そのときこそ、スマートコントラクトやネイティブトークンを実装した、カルダノの大きな飛躍が見込まれると言えるでしょう。

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb