未分類」カテゴリーアーカイブ

エディンバラ分散化インデックス Edinburg Decentralization Index (EID)

エディンバラ分散化インデックス(Edinburg Decentralization Index, EID)とは、各ブロックチェーンプロジェクトの「分散化度合い」を分析・公表するデータのこと。カルダノだけでなく、ビットコインやイーサリアムなどの各種ブロックチェーンが、どれほど分散化されているか客観的・学術的アプローチで検証し公表する。
ブロックチェーンにおける分散化の指標としては、ネットワーク参加者のブロック生成がどれほど分散性があるかに注目する。
たとえば、「あるブロックチェーンを構成するブロックのうち50%がトップ10%の参加者(ノード)によって生成されている」場合、「そのブロックチェーンの分散性は極めて低く、少数の意向によってネットワークが左右される危険性がある」と判断できる。
そのため、「どれほど分散化されているか?」とは、そのブロックチェーンの安全性や民主制を表す指標として極めて重要である。
カルダノはもちろん、ビットコインやイーサリアム、ソラナ、XRPなどの主要ブロックチェーンにおいても分散性については常に議論の的となっており、それらの分散性を示す客観的データが長年求められてきた。

EDIでは、エディンバラ大学のアゲロス・キアイアス教授を中心としたリサーチチームが、複数のレイヤーにおける分散性を検証する。

・geography(地域)…ノードの地政学的な分散性
・governance(運営)…開発側の民主化度合い
・API
・Tokenomics(トークンエコノミー)…エコシステムと運営の関係性
・Consensus(同期・検証)…コンセンサスシステムにおける平等性
・Network(ネットワーク構成)…ピア構成の手法
・Software(運用ソフト)…運用されるソフトウェアが独占的かどうか
・Hardware(ハードウェア)…使用ハードに選択肢があるか

EIDでは、これらの各レイヤーにおける分散性を検証し、集中化によるリスクがないかを検証。最終的に量的・質的にランク付けされた総合評価を発表する。

EID構想は2022年11月に発表され、現在は検証を開始した状態となっている。詳細な評価方法は公開されていないものの、各ブロックチェーンの客観的な評価に対する期待は高まっており、今後の発表に期待されている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。 COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb
cexplorer.ioでの情報はこちら↓

「カルダノがイーサリアムを超える」海外の大物インフルエンサーが語る理由とは?

2022年10月17日に公開された、暗号通貨チャンネル「BitBoy」の「Cardano WILL BE #1 of Crypto (ADA Beats ETH)」を全文超訳しました!
チャンネル登録者数140万人を超える超人気クリプト系YouTouber「BitBoy」が、突如として「カルダノ支持」を表明し、大きな話題となりました。
さらに同年11月のFTX崩壊の際には、いち早くFTTの危険性を発信していたため、日増しに影響力が高まっています。
その彼がなぜ、カルダノ支持を表明したのでしょうか? 本動画で詳しく説明されています。

直近では、イーサリアムがリーダーなのは間違いない。が…

BitBoy Cryptoへようこそ!
ここは皆さんのチャンネルであり、BitSquadのホームであり、そしてインターウェブ上で最大かつ最高のクリプト・コミュニティです。
そして、これ以上ないほどクリプトの情報収集に一生懸命なチャンネルです。

私はベン。
今日は「私がなぜカルダノがイーサリアムを追い越すと信じているのか?」について話そうと思います。

実は、これを宣言するのは初めてなんです。私はいつもチャンスがあると言ってきました。
そして今週末、私はカルダノのイベント「レアブルーム」に参加しました。
私は現在、コロラドにいます。
そして、ほら……多分、逆光でしょうか。私の後ろにある山はよく見えないね。見えるかもしれない…うーんちょっとわからない。
今コロラドスプリングスにいるんだ一晩だけね家に帰る前にこの辺りの様子を見に来ました。水曜には番組に戻る予定です。

でも実は、私はこのカルダノのイベントに参加してきました。
多くの人から「カルダノのイベントに参加したんだから、カルダノがイーサリアムを追い越すと言うんだろう」と言われました。その他にも「イーサリアムはビットコインを追い越さないってこと?”」とか、いろいろ言ってくる人がいます。

いや、これに対する私の見解と「なぜこの決断に至ったのか」を説明することが非常に重要だと思います。

そして、いいですか? 多くの人は私がこの決断をしたことに好意的です。もちろん、私がこの決断をしたことを好ましく思わない人も大勢いますが。

そして、ここではっきりさせておきたいことがあります。
これはイーサリアムが20,000ドルにならないことを意味しないし、そういった意味ではありません。
私は、何人かの人が予測を出しているのを見ました。

「次のブルランではイーサリアムは15,000ドルに行くかもしれない」
「イーサリアムは大規模なブルランを迎え、驚異的な成果を上げるだろう」
「次のブルランでは、イーサリアムがスポットライトを浴び、イーサリアムの価格は暴騰するだろう」

…確かにそうなりそうな気もします。

しかし、私はもう少し先のことを予測しています。それと、私はいつもこう言っているんですよ。これは私が言ったことです。

確かにイーサリアムはクラブハウスのリーダーである、ということです。
カルダノのためにイーサリアムが混乱することもあるでしょう。
イーサリアムにとって、カルダノは唯一のライバルだと確信しています。
他にライバルがいるとは思っていません。カルダノだけだと思います。
イーサリアムに追いつくには、イーサリアムがダメになるか、カルダノが追いつくか、どちらかです。

イーサリアムは「一度もタイムラインを満たしたことがない」

で、ここからが本題です。
イーサリアムのタイムラインを調べてみました。
最終的にETH2.0として知られるようになったSerenityアップデートは2015年から行われていたことを皆さんは理解していますか?
2015年から、イーサリアムはこのイーサリアム2.0への変更を行わなければならないことを知っていました。
そして、この次のブルランの間にイーサリアムのトークノミクスのアップサイドをたくさん経験することができるのです。
もっと面白いのは、今後6〜10年のイーサリアムとビットコインの競争を見ていくことだと思います。

なぜなら、ここからが本題だからです。
イーサリアムのトークノミクスは、今やビットコインより優れています。本当にそうなんです。
イーサリアムのトークン供給量は、ブルランの間、実際に、減少します。だから、本当に、イーサリアムは競争できるかもしれないと言えるでしょう。
金融機関が何をするかによるのですが、機関投資家レベルでイーサリアムの利回りを上げる方法がある以上、イーサリアムとビットコインが最高の価値貯蔵を競うような事態が起こるかもしれません。
これは予想外でした。でも、その可能性はありますね。
スマートコントラクトのプラットフォーム、レイヤー1のプラットフォームとなると、イーサリアムは他のすべてのプラットフォームに対して圧倒的な優位性を持っています。

カルダノは「ロードマップが遅かった」と言われていますよね?
ところがどっこい。
イーサリアムは、ほんの数年前、ETH 2.0ロールアウトとMergeのタイムラインを発表しました。Beacon Chainはその始まりでした。
彼らはこのBeacon Chainが終了し、ETH 2.0がプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークに正式に移行すると予想していました。2020年末までにと。
しかし、今は2022年です。もう2022年です。このスケジュールは、かなり近い日、つまりかなり近い時間に提示されました。
このスケジュールは、2019年か2020年の初め、彼らがこれが完成すると考えたときに出されたものです。つまり、こういうことです。
イーサリアムは今日までに、基本的にサージとされるものが既に完成していると予想していました。すでに完成しているはずだったのです。それがシャーディングです。
シャーディングとは、ファイルを分割して、非常に高速に送信する方法です。これによって、基本的にすべてが高速化されます。
そしてシャーディングは、ガス料金やさまざまなことを解決してくれるはずです。
というのも、ガス代にはあまり影響がないことは皆さんご存知でしょう。EIP-1559の影響を受けるのであって、イーサリアムのプルーフオブステークの展開の影響を受けるわけではありません。
皆さん、イーサリアムは「一度もタイムラインを満たしたことがない」わけですよ?
イーサリアムは、自らのタイムラインを満たしたことがないんです。
事実としてありません。
これはもう、インターネット上のミームであり、クリプト・ツイッターのミームでしょう。
イーサリアムは、意味のある時間軸で何かを完成させることができるでしょう。
彼らは、ETH2ロールアウトの全体が今年末までに終了すると予想していたのです。彼らは、その5つのステップのうちの1つを終えたところです。

私の意見では、シャーディングが一番時間がかかると思います。シャーディングが一番難しくなりそうです。
その次の段階がサージです。これは、予想では最近、来年の後半に起こるはずだったんです。
イーサリアム財団については、私はまだ彼らを支持はしています。イーサリアムを非難しているのではありません。
今は単に、事実と現実を話しているんです。

いいですか?
イーサリアム財団はシャーディングを 2023年末に出荷すると言っています。彼らはもうこの表現から手を引いています。
私は、この、チェーンを最終形にするEthereumのフル展開が、5年から10年先まで準備できないのは、非常に現実的で、非常に深刻な問題だと思います。
5〜10年は間に合わないと思います。
もし5〜10年以内に準備が整わなければ、Cardanoが追いつくのに十分な時間があるはずです。
イーサリアムとカルダノが競合するまでのタイムラインは?
6〜10年を見ていると思います。6〜10年後には、Cardanoを見ている可能性があると思います。

カルダノは「イーサキラー」であり「アンチ・ソラナ」である

私たちはカルダノを見て、あのイーサリアムと競争することができるようになると思うに至りました。
なぜかというと、優れた方法で行われている、という事実からです。
それが事実なんです。
イーサリアムには申し訳ないと思っています。

ご存知の通り、チャールズ・ホスキンソンもイーサリアムの開発に携わりました。
しかし、イーサリアム開発陣は、これらの問題をすべてを壁に投げつけました。早くから自分達の問題に気づいていたのに、一番乗りを狙ったんです。
それは勝利の方程式ではありませんよ。
カルダノはロードマップが遅かった。非常に遅いと言えます。
しかし現在、彼らのエコシステムは構築され、開発されて続けています。
カルダノは最高のNFTコミュニティを持っています。その差は歴然です。
そう、全然違うんです。
すべてのチェーンのエコシステムでミント価格を見れば、カルダノがそれらを圧倒していることがわかるでしょう。彼らは最も活気のあるコミュニティを持っています。

そしてカルダノのコミュニティは、分散化の象徴と言えます。
カルダノは非中央集権的です。
いわば「アンチ・ソラナ」です。
なぜならカルダノは、創業者やVC企業など、内部から資金を吸い上げる存在がいないのです。
Cardanoの成長は有機的なものでした。
そしてカルダノは、デビュー以来、ほとんどの間、時価総額トップ10内にとどまっています(2019年は、もしかしたら少し落ちてしまったかもしれませんが)。
カルダノは最初からランキング上に躍り出ています。そして、これからも続くでしょう。
そして次のブルランも迫っています…。それはすぐには来ないかもしれません。皆さんは、その点については誤解しないでほしいです。

2024年は、カルダノの年になる

2024年末には、史上最高値を更新すると思っています。
カルダノは今、本当に、本当に、本当に良いポジションにいるように見えます。
現時点で、イーサリアムの時間軸を信じるのは愚かだと言えます。
イーサリアムのタイムラインとカルダノのロードマップを比較すると、「なるほど」となります。
もちろん、「カルダノもたくさん日程をずらしている」 と言う人もいるでしょう。
カルダノは数ヶ月、あるいは1年ほど遅れていることは事実でしょう。しかし、イーサリアムは4〜5年遅れています。
ですから、私の意見では、カルダノは「スマートコントラクト・レース」において「賭けるべき対抗馬」であると思うわけです。
もちろん、イーサリアムについても….先ほど話した通り、本当に信じています。
イーサリアムが利回り資産となり、機関投資家が利回りを得られるようになったことで、イーサリアムがビットコインと競争できるようになったからです。
先ほども言いましたが、このようなことを言うとは思ってもみませんでした。

というわけで、これから数週間、皆さんにお届けする動画はこちらです。なぜなら、これらは本当に、本当に面白い議論だと思うので、ぜひ見てみてください。
でも、公式には、こんなこと言ったことないです。昨日、Twitterで言っただけですね。

しかし、これは私が宣言することです。

「今後10年以内にカルダノがイーサリアムを追い抜くと信じています」

私がイーサリアムが次のサイクルでビットコインを追い抜くと考えたら、カルダノは今後10年で時価総額全体のトップNo.1になれるかもしれません

さて、みんな。以上です。RIP。
このビデオについてどう思うか教えてください。

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。 COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb
cexplorer.ioでの情報はこちら↓