ニュース」タグアーカイブ

「カルダノ以上の選択肢は考えられない」ナスダックのコラムニストが語る

nasdaq.com 2021年4月7日の記事で、カナダの投資ライターのウィル・アシュワース氏がカルダノについて寄稿しました。その内容をクイック翻訳でお届けします!

——「カルダノはユーティリティとリーダーシップがあり、所有する価値がある」
ウィル・アシュワース

投資について執筆することの素晴らしいことは、いつも新しいことを学ぶことができる点だ。例えば、数日前まで私は、「カルダノ(ADA-USD)」とは、ニューヨークかどこかの都市にあるイタリア料理店のことだと思っていた。
実を言うと、私はそれが、進化を続ける暗号通貨の世界で最高の秘密であるということを知らなかった。投資仲間のAlex Siroisが最近投稿したように、カルダノは「ユーティリティと差別化」という点で、所持する価値があるものだった。
ここで、改めてユーティリティという言葉を使おう。おそらく2021年現在、私たちがよく耳にする言葉だ。現在のようにあらゆる暗号通貨が手に入る時代では、どの通貨が勝者となるのかを判断するのは非常に困難だ。
幸運なことに、カルダノはエースのカードを袖に隠している。イーサリアムを超える可能性があるものだ。その理由を話そう。

カルダノとイーサリアムには共通の繋がりがある

私はDeFi(分散型金融)に興味がある。それこそが、私がビットコインよりもイーサリアムに対して大きな関心を持つ所以だ。ビットコインの方が明らかに良い買い物であるにも関わらず、だ。
しかし、冒頭で述べたように、私はまだまだ暗号通貨について学んでいる途中だ。そのため、カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソンが、イーサリアムの共同創始者の8人の1人であることも知らなかった。彼は、曖昧なガバナンス構造のベンチャーキャピタルを受け入れられず、イーサリアムを去り、2015年にIOHKのCEOとなり、カルダノを設立した。
カルダノがスマートコントラクトによってユーティリティを付与するまで、6年の歳月が費やされた。これはかなりの時間だったと言える。

ホスキンスンがイーサリアムに携わっていたときに多くのことを学んだ事実が、カルダノのユーザーに優れた顧客体験を提供することに役立っていると考えられる。
Developer Techの寄稿者であるRyan Dawsは、2月の記事で「カルダノはまだ始まったばかりだ」と指摘している。世界には2200万人以上の開発者が存在するが、アクティブなdApp(分散型アプリ)開発者は1万人しかいない。
カルダノの優秀なチームは、よりユーザーフレンドリーなシステムの構築に尽力している。

Dawsはホスキンソンの言葉をこのように引用している。

「開発者は、.NETアプリケーションやJavaアプリケーションなどでコーディングしている。そこで私たちが最初に言ったのは、”オフチェーンのインフラとオンチェーンのインフラの両方で、これらの主流のプログラミング言語を時間をかけて私たちの空間に導入し、安全で持続可能な方法で、予測可能なコストで行うことができるフレームワークを作ることができないだろうか “ということだった」

Dawsは「イーサリアムの速度の遅さと手数料の高さが、Cardanoなどの別の選択へと人々を駆り立てている」と指摘する。

これに対してホスキンソンは「イーサリアムはここ数ヶ月で改善されており、カルダノはイーサリアムに取って代わろうとしているのではなく、広大な市場になってきている中での選択肢を提供しようとしている」と指摘している。

ホスキンソンは「企業も開発者も、解決すべき問題を見極めるために、どちらか一方を選ぶ必要はない」と強調する。

「DAppの開発者はビジネスであり、何かを達成したい、特定の問題を解決したいと思ってDAppを作っている。イーサリアムやカルダノを、ラックスペースやアマゾン、デジタルオーシャンを見るように見るべきだ。Amazonでしか構築できない、というのはちょっとおかしい指摘だ」

ブロックチェーンプラットフォームの将来に少しでも興味がある方、この魅力的なテクノロジーの使い方についてもっと知りたい方は、Dawsの記事を読むことをお勧めする。
リップルについての4月1日の記事で私は、「この暗号通貨は、価値の保存と実用主義の両方の性質を持つ方法を見つけなければならない」と結論づけた。カルダノもそのような状況にあると思うが、実用主義の面ではより良い仕事をしているので、個人的にはリップルよりも先に進んでいると考えている。

これからもカルダノとイーサリアムについて、何が似ていて何が違うのかを学んでいきたい。その間、暗号通貨としては、あなたが唯一必要とするものが価値の保存であるならば、私はビットコインについてだけ話をするだろう。

しかし、何か大きなことに参加したいのであれば、カルダノ以上の選択肢は考えられない。 

———————————————————–
注:公開日時点で、本記事を執筆したウィル・アシュワースは本記事に記載されている有価証券のポジションを(直接的にも間接的にも)持っていません。
ウィル・アシュワースは、2008年から投資に関する記事をフルタイムで執筆しています。これまでに、InvestorPlace、The Motley Fool Canada、Investopedia、Kiplingerなど、米国とカナダの出版物に寄稿している。特に、時の試練に耐えるモデル・ポートフォリオを作ることを趣味としています。ハリファックス(ノバスコシア州)在住。本稿執筆時点では、ウィル・アシュワースは上記の有価証券のいずれのポジションも保有していません。
ここで述べられている見解や意見は執筆者の見解や意見であり、必ずしもNasdaq, Inc.の見解や意見を反映するものではありません。
————————————————————

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

カルダノはなぜ「イーサキラー」となるのか?

22/Feb/2021 開発者向け海外メディアDEVELOPERでのチャールズ・ホスキンソン氏(以下、CH)のインタビューを要約しました。
CH:システム開発者なら、色々な要素を総合的に考慮に入れる必要があります。
たとえば、ソフトウェアのライフサイクルや、コスト予測のしやすさ、そして、そのインフラでどのくらいのコストが発生しうるかといったことです。
数千から数百万ユーザーへと拡大した場合のユーザーエクスペリエンス(UI)について検討することも大切です。
そして、そのインフラにおけるセキュリティはいうまでもありません。開発のしやすさに加えて、顧客であるユーザーに安全に利用できる環境を整えることを考えなくてはいけません。
さらに言えば、これらのことは、単純に暗号通貨市場だけの問題ではなく、ブロックチェーン分野とブロックチェーン分野外のアプリを組み合わせた、ハイブリットなアプリケーションにも言えることです。
これらのことを総合的に考えた結果として、イーサリアムはあまり良い体験を提供できるものではありません。コスト予測が立てにくく、オンチェーン、オフチェーンの関係性が複雑で、開発者の多くがオフチェーンに多くのリソースを置いている傾向があります。
それ以外にも多くの細かい問題がありますが、まるでこう言っているようです。「大丈夫だよ。Internet Explorer6やネットスケープでウェブサイトを立ち上げたんだ。すごい体験だったでしょ?」と。でも、おそらく大丈夫ではない。Flashや他のツールを使って、色々なことをやる必要があるのです。
ーカルダノに批判的な人からは「まだ何もできていない。遅れている」という声もありますが。
CH:開発者たちは、NETアプリやJavaアプリを開発していますが、これらの主流プログラミング言語で、オフチェーン/オンチェーンを介したインフラ上で、高い安全性を保ちつつ、コスト予測を立てながら開発ができるフレームワークを提供できたでしょうか?
私たちは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で、Grigore Rosu教授(DARPAやNADAなどと仕事をしバーチャルマシンやプログラミング言語の専門企業を経営する)と一緒にプロジェクトを開発しています。教授らは「K」と呼ばれるユニバーサルなメタ言語(注:プログラミング言語を定義するための言語)について研究を進めています。
「K」は、プログラミング言語を説明できるようにするもので、これによって、全てのツールを制作することが可能にな李、さらに特定のプログラミング言語をアップグレードすることが可能になります。たとえば、F#4から5へ、Scala2から3へと言ったような言語のアップグレードを、開発者によるコーディングを必要とせず自動的に行うことを可能にします。
私たちは、「IELE」というバーチャルマシンに膨大な資金を投入しました。これはおそらく、下半期くらいにはカルダノ上で提供可能になると思われます。これによって、JacaScriptやC#といった主要言語をカルダノのエコシステム上でdAppsの開発が可能になります。オンチェーン/オフチェーンにおける確かな開発環境も整うでしょう。
ーカルダノはKEVMとして知られるイーサリアムのバーチャルマシンをすでに開発環境で提供している。イーサリアム開発者がカルダノへの移行を試すことができる
CH:(KEVMでは)イーサリアム上でできることは、全て可能です。たとえばCelsiusスマートコントラクトを試してみたければ、すぐに作成して開発環境で動かすことができます。これは完全にイーサリアムへの「ダウングレード」です。
こレは本当に、テスト用のフレームワークであり、コスト予測や使い勝手を試すための環境です。
私たちは、ERC-20コンバーターなどのプロジェクトなども開発しており、これらは全てイーサリアム上で作ったものをカルダノへと移行するためのものです。高品質に、高速に、そして安く運用できるカルダノ上で、プログラムを運用可能です。
これが開発環境のポイントで、これら全てを試すことができるのです。
この開発環境を、常設のサイドチェーンとして、このサイドチェーンをカルダノのメインネットへつなげることができた場合、プルータスを学んで新規のインフラを作るといったことをしなくても、既存のアプリをイーサリアム上のエコシステムから移行することができ、高品質で高速で安価なカルダノ上で運用することができるのです。
これが「パーマネントサイドチェーン」の構想で、開発を進めています。
これは、たとえばMacがブートキャンプを提供し、ウィンドウズ上でMacBookが動かせるようなものです。
歴史上、最も優れたウィンドウズのノートパソコンは、(Windows上の仮想マシンで動く) MacBookProだったのですから。
——出典:
DEVELOPER ”Charles Hoskinson, Founder, Cardano: On the opportunities for decentralised apps” をCoffeePoolが翻訳。
●本稿は、カルダノのブロックチェーンをつなぐステーキングプールを運営する「Coffee Pool」が作成しました。もしよろしければ、委任のご検討をよろしくお願いします!
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb