人物」タグアーカイブ

エリアス・コウツオピアス教授 Prof Elias Koutsoupias


IOHKシニアリサーチフェロー、オックスフォード大学コンピュータ科学・教授。専門はゲーム理論のアルゴリズム側面、経済学、不確実性下の意思決定、分散アルゴリズム、アルゴリズムの設計と解析など。
2012年に、「Price of Anarchy(自己利益追求を行う集団における効率的システムの構築)」を提唱し、ゲーテル賞(理論計算機科学分野)を受賞。
2016年にはエディンバラ大学のキアイアス教授ウロボロスPoSの基礎となる「ブロックチェーン・マイニングにおけるゲーム理論」を発表した。
ギリシャ出身で、アテネ国立工科大学卒業後、カリフォルニア大学サンディエゴ校でPhDを取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校、アテネ大学で教鞭を振るった後、現職であるオックスフォード大教授となった。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

フィリップ・ワドラー教授 Prof Philip Wadler


IOHKシニアリサーチフェロー、エディンバラ大学・理論計算機科学・主任教授。専門はコンピュータ言語。カルダノの基盤となる純粋関数型プログラム言語 Haskell を提唱・開発した研究者の1人として知られる。
1977年にスタンフォード大学数学科を卒業後、1984年にカーネギーメロン大学でPhDを取得。1983-87年までオクスフォード大学でプログラム言語の研究者として活躍し、グラスゴー大学を経て2003年よりエディンバラ大学の教授となる。
ワドラー教授は、Haskell、Java、XQueryの基礎設計に関わっており多数の著書を執筆し、学術雑誌の編集を行なっている。純粋関数型言語やJava、XQueryに関する著作も多数に及び、Google Scholoarによると彼の著作は24000以上もの被引用数を誇る。
王立協会ウォルフソン研究功労賞、シグプラン賞では功労賞と「最も影響力のある論文」賞を、サイモン・ペイトン・ジョーンズと共に受賞している。2017年より、IOHKに参加。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

アゲロス・キアイアス教授 Prof Aggelos Kiayias


IOHKチーフサイエンティスト、エディンバラ大学サイバーセキュリティおよびプライバシーの主任教授。コンピュータセキュリティや応用暗号、基礎暗号などを専門としているほか、ブロックチェーンや分散システム、電子投票、マルチパーティプロトコル、プライバシーやID管理などを深く研究しており、発表した論文は100を超える。
2017年にIOHKへチーフサイエンティストとして参画。ブロックチェーン技術研究所の所長を兼任している。
ERCフェローシップ、マリーキュリーフェローシップ、フルブライトフェローシップなど多数のアワードを受賞しており、EUのHorizon2020、欧州研究会議、米国国立科学財団、米国安全保障省などから資金提供を受けている。また、エディンバラ王立学会フェローでもある。
出身はギリシャで、アテネ大学を卒業後、ニューヨークシティ大学でPhDを取得後、コネティカット大学教授、カリオルニア大学バークレー校サイモンズ研究所客員科学者、アテネ国立カポディストリア大学暗号・セキュリティ学科准教授などを歴任し現在に至る。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

チャールズ・ホスキンソン Charles Hoskinson

Charles Hoskinson
@IOHK_Charles
1987年生まれ。カルダノの開発を手がけるInput Output Global CEO。数学者。メトロポリタン州立大学、コロラド大学ボルダー校で解析的数論を学んだ後、業界での経験を経て暗号技術に参入。2013年に暗号通貨研究会を設立するなど早くから暗号通貨市場に参入しており、Invictus Innovations、Ethereum、IOHKの3つの暗号通貨関連のスタートアップ企業の設立を手がけた。ビットコイン財団の教育委員会の設立委員長も務めた。
現在は、カルダノをはじめとする暗号通貨プロトコルの研究・開発を軸に、暗号通貨教育、分散化のエヴァンゲリスト、そして暗号ツールの一般化に取り組んでいる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb