アゲロス・キアイアス教授 Prof Aggelos Kiayias


IOHKチーフサイエンティスト、エディンバラ大学サイバーセキュリティおよびプライバシーの主任教授。コンピュータセキュリティや応用暗号、基礎暗号などを専門としているほか、ブロックチェーンや分散システム、電子投票、マルチパーティプロトコル、プライバシーやID管理などを深く研究しており、発表した論文は100を超える。
2017年にIOHKへチーフサイエンティストとして参画。ブロックチェーン技術研究所の所長を兼任している。
ERCフェローシップ、マリーキュリーフェローシップ、フルブライトフェローシップなど多数のアワードを受賞しており、EUのHorizon2020、欧州研究会議、米国国立科学財団、米国安全保障省などから資金提供を受けている。また、エディンバラ王立学会フェローでもある。
出身はギリシャで、アテネ大学を卒業後、ニューヨークシティ大学でPhDを取得後、コネティカット大学教授、カリオルニア大学バークレー校サイモンズ研究所客員科学者、アテネ国立カポディストリア大学暗号・セキュリティ学科准教授などを歴任し現在に至る。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓