カルダノ用語集」カテゴリーアーカイブ

イニシャル・ステークプール・オファリング ISPO

ISPO(Initial Stakepool Offering、イニシャル・ステークプール・オファリング)とは、カルダノのコミュニティにおいて、特定のステークプールへの委任者に対して新規のトークン配布を行うこと。
トークンセールを行わずに出資できるため、ホルダーがノーリスクでトークン配布できるほか、該当プールへの委任促進につながるメリットがある。
ISPOは主に2通りの方法がある。

最初のISPOは、プロジェクト開発プールによって考案され、自プールのマージンを99%にすることで、委任者に支払われるリワード分のADAを新規トークンに交換する、という方式で行われた。
この方法は、実態としてはリワード分の出資を行うリスクがあるため、もし開発団体がスキャムだった場合、委任者は本来受け取ることができたリワードを損失するリスクが発生する。この場合、不確定要素のある未来の収入のため、法律的に問うことが難しい可能性があり、ISPO詐欺を助長する可能性があるという批判がなされた。
また、特定のプールへの委任の集中化を招くため、分散化に対する懸念があるとも批判された。

このような批判や、他SPOからの批判によって支持が集まらないリスクがあるため、新たに「FISPO(Fair ISPO)」という方式が考案された。FIPOでは、開発団体と関係を持たないステークプールへの委任に対して新規トークンを配布する。
この方式では、開発団体は資金調達ができないものの、ホルダーはノーリスクでトークンを得ることができるほか、集中化を一定レベルで回避することができる。

一方で、複数とはいえ特定のプールに委任が集中することは避けられないため、改善の余地があるのではと議論が続いている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

プルータス・アプリケーション・バックエンド PAB

PAB(Plutus Application Backend)とは、カルダノでオフチェーンを活用したdAppsの開発を提供するバックエンドサービス。メインネット上のノードと、Plutusアプリ、ウォレットバックエンド、エンドユーザーの橋渡しを行うことで、オフチェーンdAppsの開発・運用を可能にする。

PABにより、
Plutusアプリの標準的開発環境
・外部クライアントが活用可能なインターフェース
スマートコントラクトのためのオンチェーン情報の読み出し
・開発者に仮想環境と非仮想環境
が提供される。

仮想環境と非仮想環境を同時提供することで、開発者はdAppsのテストと実装をシームレスに移行することが可能になる。
オフチェーンとは、カルダノのブロックチェーンとは別の環境で実行されたプログラムのことを指す。オフチェーン環境とオンチェーン環境がシームレスに連携することで、安全で快適なdAppsを利用することが可能になる。

参照:Plutus Application Backend (PAB): supporting DApp development on Cardano

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ライトウォレット Light wallet

ライトウォレットとは、すぐに起動可能で使いやすいUIを提供する暗号通貨ウォレットのこと。
特定のノードと連携してごく一部の情報伝達を行うことで送受信を可能にし、快適な暗号通貨の利用を提供している。主にブラウザ版やモバイル版などが提供されている。
フルノード版はマシンパワーが大きく、起動に時間がかかり日常の使用に負担がかかる一方、ライトウォレットは起動が速く、マシンパワー要件も低いメリットがある。
デメリットとしては、ウォレットアプリ提供元のノードに依存するため、提供元のノードにトラブルがあった際に使用できなくなる場合がある。
カルダノにおいては「ヨロイウォレット Yoroi wallet」が公式版としてリリースされている。PC版はChromeFirefoxなどのブラウザに対応し、モバイル版はiOS、Android版が提供されている。

*ヨロイウォレットのダウンロードは、外部リンクではなく公式ページからのダウンロードを推奨しています。IOHKの公式ページ、公式ツイッター情報、AppStore、GooglePlayStoreなどからリーチ可能です。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

フルノードウォレット Full-node wallet

フルノードウォレットとは、ノードとしてブロックチェーン情報の伝達を担いながら、自身のトークン管理を行うタイプのウォレット
ノードとして情報の検証と伝達を行うため、端末上にブロックチェーンデータを保存する必要があるほか、起動中は一定のマシンパワーを提供する。
カルダノにおいては「ダイダロスウォレット Daedalus Wallet」がリリースされている。ノードとしてのソフトウェアはステークプールと同様のCardano Nodeが搭載されており、BC上でのトランザクション情報の送受信機能がある。
そのための推奨システム要件として、2コアCPU、16GB、25GBのディスク容量が必要。

*ダイダロスウォレットのダウンロードは、外部リンクではなく公式ページからのダウンロードを推奨しています。IOHKの公式ページ、公式ツイッター情報などからリーチ可能です。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ノード Node

「ノード node」とは、分散コンピューティングにおいて、ティストリビューションやコミュニケーションのエンドポイントのこと。簡単にいうと、分散化システムで情報の受信と送信を行う機能を持つ端末のこと。
ブロックチェーンにおいては、トランザクション情報を伝達する端末のことを指す。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

プルーフ・オブ・バーン Proof of Burn

PoWPoSにおいて、特定のトークンがバーン(焼却)されたことを証明するコンセンサス・アルゴリズム
2012年にLain Stewart氏によって考案され、現在カルダノの開発元であるIOGでも導入の議論がされていると言われている。
PoBは、引き出し不可能に設定された特別なアドレスにトークンを送信することで、実質的にバーンされる仕組み。ネイティブトークンであるADAの場合はADAの希少性を保つ目的で、カスタムトークンの場合はトークンが確実にバーンされたことを証明する目的で使用されると考えられる。
トークンのバーンに関しては、大きな賛否が相次いでおり、今後の動向が注目される。

参照:Cardano sets sight on token burning despite resistance from founder Charles Hoskinson

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

エポック Epoch

ウロボロス・プラオスで定義された時間単位で、1エポック=432,000スロット(5日間)。5日間ごとに新たなエポックへの切り替えが行われ、新たなブロック生成のスケジュールの生成や、新たな委任設定などの有効化が行われる。
また、ステーキング報酬は、各エポックの切り替わり後に自動的に各ステーキングアドレスへ配布される。
エポックは、PoSの各種パラメータ設定の変更においても重要な役割がある。前エポックでパラメータ変更やハードフォークの指示があった場合は、次のエポックで有効化される。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

スロット Slot

ウロボロス・プラオスによって定義された時間単位で、1秒=1スロットと定義されている。現在の設定では、20スロットあたり、1スロットリーダーが割り当てられ、ブロック生成が行われている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

イエラ IELE

Cardanoでスマートコントラクトを実行するための専用の仮想マシン。
EthereumでSolidityのスマートコントラクトを書く際に生じる、セキュリティや正確性といった問題を解決するために、カルダノのために新たに設計されたものである。
IELEはEVMと比べ、より性格で安全性の高いスマートコントラクトの実行と検証を行うことができる。
また、ブロックチェーン開発者に人間が読める言語を提供するため、開発チームの全体的なパフォーマンスの向上が期待できる。
IELE devnetはパフォーマンスが高く、レジスタベースなので、KEVMのようなスタックベースの仮想マシンよりも幅広い分析や最適化が利用可能になる。これにより正確なガスコストの予測ができ、コントラクト時のガスコストの低減につながる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

ルート・オブ・トラスト Root of Trust

信頼の基点、RoTとも。重要なセキュリティ機能を実行する、信頼性の高いハードウェア、ファームウェア、あるいはソフトウェアの構成要素(コンポーネント)のこと。
暗号システムにおいては、キーファイルの作成や、暗号化、復元化、デジタル署名の検証などの信頼性を保証する仕組みを指す。

<a href=”https://coffeepool.jp/adaindex/”><span style=”text-decoration: underline;”><strong>👈一覧へ戻る</strong></span></a>

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓