ミスリル Mithril

ミスリルは、カルダノのブロックチェーンデータのスナップショット(ある時点でのコピー)を、分散ネットワークによって保存・活用するソリューションのこと。
作成されたスナップショットを、フルデータを持つステークプールが検証し証明書を発行することで安全性を確保する。
一般的に、ブロックチェーンデータは増加し続けるため、フルノードウォレットやステークプール、dAppsなどのサービスをゼロから立ち上げる際、数日かけて同期させる必要があった。
特にフルノードウォレットの場合、利用するたびに数十分の同期時間がかかり、現在はライトウォレットが一般化している。
しかし、ライトウォレットの場合、安全性・利便性はウォレットサービスを提供する団体のノードに依存するリスクが伴う。カルダノの利用拡大が進むにつれ、一部のウォレットなどでサーバーがダウンするなどの障害が発生した。
ミスリルは、このような問題を解決するため「分散ノードによる検証済みのスナップショット」を定期的に作成し、活用できるようにする。誰でも安全性の高い直近のブロックチェーンデータを使うことでブロックチェーンとの同期時間を大幅に短縮し、ユーザーや開発者の負担を最小化できる。

2022年5月末時における、現在のミスリルの詳細と開発状況についてはこちら↓
「Mithril /ミスリル」とは?|BCデータの分散型スナップショット【超訳カルダノ】

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓