分散型アプリケーション dApps

dApps(Decentralized Applications、略称dApps:ダップス)とは、システムの一部に、ブロックチェーンなどの分散型プロトコルを組み込んだアプリケーションのこと。
スマートコントラクトなどのプログラムに対応したブロックチェーン上で構築することができる。
dAppsによって、取引所(DEX)やレンディングなどの金融システム(DeFi)などの金融取引などを快適なUIで利用することができたり、NFTを活用したIDシステム(dID:分散型IDシステム)などが可能になる。
そのほか、ゲーム内アイテムなどをNFTなどで使用し取引可能にするなど、ブロックチェーンをアプリの一部機能で活用するようなdAppsも存在する。
一口に分散型アプリといっても、「分散化レベル」がそれぞれ異なる。アプリのメイン機能は開発者サーバーが管理し、取引機能の一部が分散化されているだけの場合が多い。
dAppsの究極形態としては、不特定多数の参加者がSPOのように自由参加で運営するような形が想定される。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓