プルータス・アプリケーション・バックエンド PAB

PAB(Plutus Application Backend)とは、カルダノでオフチェーンを活用したdAppsの開発を提供するバックエンドサービス。メインネット上のノードと、Plutusアプリ、ウォレットバックエンド、エンドユーザーの橋渡しを行うことで、オフチェーンdAppsの開発・運用を可能にする。

PABにより、
Plutusアプリの標準的開発環境
・外部クライアントが活用可能なインターフェース
スマートコントラクトのためのオンチェーン情報の読み出し
・開発者に仮想環境と非仮想環境
が提供される。

仮想環境と非仮想環境を同時提供することで、開発者はdAppsのテストと実装をシームレスに移行することが可能になる。
オフチェーンとは、カルダノのブロックチェーンとは別の環境で実行されたプログラムのことを指す。オフチェーン環境とオンチェーン環境がシームレスに連携することで、安全で快適なdAppsを利用することが可能になる。

参照:Plutus Application Backend (PAB): supporting DApp development on Cardano

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb