ブロック生成スケジュール Block schedule

カルダノのPoSにおいて、各エポック内でのブロック生成のスケジュール。各エポックが開始する1日半前に決定され、そのスケジュールに通りにブロック生成が行われる。
ブロック生成スケジュールでは、
・そのエポック内における全てのブロック生成タイミングの日時
・そのブロック生成を担当するステークプール
が、各エポックが開始される前に割り当てられるため、自分の担当日時にブロック生成をするために必ずノードを起動させていなくてはならない。
ADAホルダーが送金を行う際は、あらかじめ決められたブロック生成予定(時刻表)から、現在時刻に近いブロックに送金情報が送られ、そのブロック内に自分の送金情報を入れてブロック生成の処理が行われる。
イメージとしては、電車の時刻表と乗客の関係がわかりやすい。相場が激しく動く際には「トランザクション量が大きいブロック(満員電車)」が多く、相場が静かな際には「ゼロトランザクション数のブロック生成」が行われることもある。
スケジュールは暗号化されており、基本的には事前に確認することができない。
しかし、A.Westberg が開発したプログラム「CNCLI」を使用することで、ステークプールオペレーターは自身の持つキーによって、自分に割り当てられたスケジュールのみ確認することが可能になっている。
ブロックスケジュールの日時がわかることで、オペレーションが容易になる反面、これを公表することで悪意のある第三者から攻撃を受けるリスクがあるため、オペレーターの多くは詳細なスケジュールの公表は避けている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】