スマートコントラクト Smart contract

「合意条件」に従って、規定されたイベントやアクションを自動的に実行、制御、文書化するプログラムや、取引プロトコルのこと。互いの信頼構築や第三者の仲介などを必要とすることなく、安全性の高い条件付きの取引を行うことを可能にする。
スマートコントラクトの最もわかりやすい例としては「自動販売機」がある。
自動販売機では「十分な金額が投入され、該当商品のボタンを押す」という条件で、「該当商品が提供される」というイベントが発生する。この取引では、仲介者はおらず、契約→取引がシステムによって自動化されている。
「スマートコントラクト」は、もともと1998年にアメリカの暗号学者Nick Szaboによって生み出された概念である。インターネット上での電子商取引プロトコルとして「bit gold」というデジタル通貨をモデルによってデザインされた。
2013年、Vitalik Buterinは自身が発行する「Bitcoin Magazine」にて、ビットコインにスマートコントラクトを実装するアイデアを発表した。これはGavin Woodによってまとめられ、Charles Hoskinson、Anthony Di lorioらと共に立ち上げたイーサリアムによって、暗号通貨において初めて実装された。
カルダノ では、イーサリアムの会計モデルにおいて、スケーラビリティ問題が発生することを指摘。そのため、スマートコントラクトをスケーラブルに運用できる「拡張UTXO」モデルを採用した。現在、2021年9月12日(UTC)にメインネットでの実装を予定している。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb