ハイドラ Hydra

h
カルダノにおいて、拡張UTXOモデルに手を加えることなくスケーラビリティを格段に拡張するソリューション。
もともとはメインチェーンのスケーラビリティを拡大させる目的で研究されていたが、現在はdApps向けのオフチェーン・ソリューションとして実装に向けて開発が進められている。
具体的には、dAppsなどのサービス内で発生したトランザクションをステートチャネルに取りまとめ、最終結果のみをブロックチェーンに書き込む仕組みが想定されている。
「ハイドラ」の名称は架空の多頭竜「ヒドラ」がモチーフとなっており、ブロックチェーンを担う無数のステークプールを「無数のヒドラの頭」に見立てている。
現在、クレジットカードのVISAは2000TPSと言われているが、Hydraはテスト段階で「1ノードあたり1000TPS」が可能とされている。
Hydraは、2022年現在、実装を控えたテストが進められている。

参考:Hydra: Cardano scalability solution

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb