芭蕉時代 Basho era


カルダノロードマップの第四段階。スマートコントラクトの実装によって課題となる「スケーリング」を主題とする。カルダノのブロックチェーンと連動するサイドチェーンの導入などにより、プロトコルの実行能力の拡大を目標とする。
現時点では「ハイドラHydra」の実装が予想されているが、ロードマップには複数のサイドチェーンの稼働や、UTxOだけでなくアカウントモデルとの連動も示唆されている。

松尾芭蕉が由来。

Goguen最終段階において、ホスキンソン氏は、以下の芭蕉の句を詠んでいる。

朝茶飲む 僧静かなり 菊の花
—松尾芭蕉

「菊」は秋の季語。仕事が終わり、静寂とともに世界を見渡す禅僧のような落ち着いた気分という解釈ができる🍵
GOGUENがひと段落し、もう芭蕉の時代に至ったことが読み取れる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb