ロールアップ Rollup

ロールアップは、ブロックチェーンのスケーラビリティを解決するレイヤー2ソリューションの1つ。トランザクションの実行をオフチェーンで行い、検証可能な小容量データのみをレイヤー1に記載する。
高速化を実現するため、小規模なグループがハイスペックなコンピュータを活用する方式が取られるのが一般的で、中央集権的な運営がされることが多い。

ロールアップには「オプティミスティック型(Optimistic、楽観的の意)」と「ゼロ知識型(Zero-Knowledge)」の2種類がある。
「オプティミスティック型」では、ロールアップデータはオンチェーンに掲載され、その検証は独立した検証者によって事後的に行われる(性善説的なアプローチ)。検証により不一致が確認された場合はオンチェーン上で解決され、ロールアップデータの発行者の資産に影響を与える。
「ゼロ知識(Zero-Knowledge)型」では、簡潔な実行証明がオフチェーン上で計算・発行され、ロールアップデータと共に公開される。これをオンチェーンバリデータが検証したのちにL1に記載する(これによりロールアップ の正当な実行が強制される)。

ロールアップを活用したL2ソリューションには、以下のものがある。

Arbitrum (Ethereum)
Optimism (Ethereum)
Hermez (Ethereum)
ZKSync (Ethereum)

👈一覧へ戻る

委任のご検討をお願いします☕️
本稿はカルダノステークプール「CoffeePool☕️」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、委任(デリゲート)のご検討をお願いいたします😊
 TickerまたはPoolIDをクリック(タップ)するとコピーできます。

NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb 

cexplorer.ioでの情報はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました