ステークプール Stakepool

(SP)カルダノのプロトコルにおいて、P2Pネットワークの参加者としてトランザクションの承認を行うサーバのセットのこと。具体的には、ウロボロスによって割り当てられた日時に、トランザクション情報を新規ブロックとして書き込む役割を負う。
ステークプールは、下記のように2種類のサーバと、1台のコンピュータによって構成されている。
・リレーサーバ(P2Pサーバとして外部のノードと連携を取る)
・ブロックプロデューシングサーバー(BP、ブロック生成を行う)
・エアギャップマシン(SPの秘密鍵の管理を行う)
リレーサーバとBPは、基本的に24時間365日稼働させ、ブロック生成やブロックチェーンとのデータ連携を行う必要がある。
一方、エアギャップマシンは、自己資金の送金やプールの設定変更などを行う際に使用し、ネットワークへの接続は行わない。
リレーサーバは1台での稼働でもブロック生成において問題はないが、外部ノードとの連携による障害リスクを避けるため複数台運営する場合もある。
BPはそのプールの心臓部で、ブロック生成の重複がないように、各プールにおいて証明書が発行され、ネットワーク上で固有である必要がある。
ステークプールを立ち上げるには、上記の3種類のコンピュータにカルダノが提供するプログラムを導入し、カルダノのブロックチェーン上に登録し証明書を発行する必要がある。
その際に登録料として500ADAをプロトコルに納め、設定した誓約金額をプール用のウォレットに用意しなくてはならない。
また、サーバは自前で用意する必要があるが、多くのステークプールはクラウドサーバを利用している。クラウドサーバの場合、サービス提供社のIPアドレスを利用できるほか、必要スペックが上昇した場合への対応が容易であるメリットが高い。
現状の必要スペックにおいては、クラウドサーバの費用は月間約3万円以上を念頭に置く必要がある。(ちなみにCOFFEはリレー3台とBPで5万円程度😂)
また、カルダノの基本OSはLinuxであり、運営者(オペレータ、SPO)は、コマンドラインインターフェイス(CLI)による操作を習得する必要がある。
ステークプールの運営においては、自己出資によるADA量に加え、ホルダーからの委任量の合計によってブロック生成数がランダムに決められている。
目安としては、₳3Mの委任量があれば各エポックで1つ生成できる確率が安定し、10Mでは10個ほど割り与えられる確率が高くなる。
ブロック生成に成功した場合、ステークプールにはまず固定費として₳340が保証される。
マージンについては、1ブロック=₳740(変動)、マージン1%の場合、1ブロックあたり₳7.4が追加されると想定される。この合計金額がオペレーション収入となる。
ADAの高騰に伴い、多くのホルダーがプール運営を目指す一方で、大量の委任者を持つプールが複数プールを運営し、ブロック生成の集中化が起きていることを懸念する声が高まっている。
特に、膨大なADAを保有する中央集権型取引所がプールを運営し、ブロック生成の10%を占めるなどの問題が起きている。
エンジニアや取引所、大量保持者だけでブロック生成が独占された場合、エンドユーザー目線での運営ができなくなる恐れがある。
カルダノのブロックチェーンを将来にわたって健全に保つためには、人種や国籍、職種に限らない「ステークプール運営者のダイバーシティ」が極めて重要となる。
カルダノのネットワークの健全化を保つため、#SPOJapanGuild では、カルダノの基礎知識や最新情報の配信のほか、Linux初心者からでもプール運営を目指せるコミュニティ活動を行っている。
●カルダノSPO日本ギルドはこちら

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb