エディンバラ分散化インデックス Edinburg Decentralization Index (EID)

エディンバラ分散化インデックス(Edinburg Decentralization Index, EID)とは、各ブロックチェーンプロジェクトの「分散化度合い」を分析・公表するデータのこと。カルダノだけでなく、ビットコインやイーサリアムなどの各種ブロックチェーンが、どれほど分散化されているか客観的・学術的アプローチで検証し公表する。
ブロックチェーンにおける分散化の指標としては、ネットワーク参加者のブロック生成がどれほど分散性があるかに注目する。
たとえば、「あるブロックチェーンを構成するブロックのうち50%がトップ10%の参加者(ノード)によって生成されている」場合、「そのブロックチェーンの分散性は極めて低く、少数の意向によってネットワークが左右される危険性がある」と判断できる。
そのため、「どれほど分散化されているか?」とは、そのブロックチェーンの安全性や民主制を表す指標として極めて重要である。
カルダノはもちろん、ビットコインやイーサリアム、ソラナ、XRPなどの主要ブロックチェーンにおいても分散性については常に議論の的となっており、それらの分散性を示す客観的データが長年求められてきた。

EDIでは、エディンバラ大学のアゲロス・キアイアス教授を中心としたリサーチチームが、複数のレイヤーにおける分散性を検証する。

・geography(地域)…ノードの地政学的な分散性
・governance(運営)…開発側の民主化度合い
・API
・Tokenomics(トークンエコノミー)…エコシステムと運営の関係性
・Consensus(同期・検証)…コンセンサスシステムにおける平等性
・Network(ネットワーク構成)…ピア構成の手法
・Software(運用ソフト)…運用されるソフトウェアが独占的かどうか
・Hardware(ハードウェア)…使用ハードに選択肢があるか

EIDでは、これらの各レイヤーにおける分散性を検証し、集中化によるリスクがないかを検証。最終的に量的・質的にランク付けされた総合評価を発表する。

EID構想は2022年11月に発表され、現在は検証を開始した状態となっている。詳細な評価方法は公開されていないものの、各ブロックチェーンの客観的な評価に対する期待は高まっており、今後の発表に期待されている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。 COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb
cexplorer.ioでの情報はこちら↓