沼、海、島戦略 Pond, Ocean and Island

IOGが掲げるマーケティング戦略。

「沼」とは、イーサリアムのスマートコントラクト作成プログラミング言語「Solidity」を指す。

「海」とは、C系言語、.NET、Java、Javascriptなどの一般開発プログラミング言語などを指す。

一般開発プログラミング言語の使用人口は世界で約2260万人と言われる一方、イーサリアムのsolidityの使用人口は約8000人程度と言われる。
つまり、一般言語を「海」とすると、イーサリアム言語は「沼」程度の規模だということができる。
そこでIOGは、「海」規模の開発者がスマートコントラクトに参入できるようにするため、一般開発言語でスマートコントラクトの開発を可能にするプルータス・プラットフォームや、非開発者でもスマートコントラクトが構築可能になるMarloweを提供する。
これらのプラットフォームが「島」にあたる。
この「島」によって、8000人程度しか開発ができないスマートコントラクトを、理論的には数千万人以上の人々が構築可能になる。

ブロックチェーン業界はその人気と開発速度によって慢性的な人手不足となっているが、IOGは「島」によって開発企業を爆発的に拡大し「BCの一般化」に取り組んでいる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb