トークン Token

暗号通貨プラットフォームにおいて利用可能な通貨のことで、主に以下のサイクルで利用される。
・ノードとしてトランザクション証明することによって受領可能
・別アカウントへ送信することで受け渡しが可能
・送信する際の利用料として一定量を使用
本来は、プラットフォームを運営するノード同士が送金し合う利用用途だったが、秘匿性やサイファーパンクの流行により、ノード以外の人々が法定通貨で売買をするようになり、ビットコイン取引所などが登場すると、プラットフォーム外での価値がつくようになった。
後に、イーサリアムによってスマートコントラクトが開発されると、イーサリアム上において独自の決済条件を盛り込んだ「カスタムトークン」が作成可能になった。これにより、誰でも容易に独自の経済圏(トークンエコノミー)を構築できるため、暗号通貨市場は数千種のトークンが登場する事になった。
「トークン」の本来の意味は「代替貨幣」で、プログラム用語では「最小単位の文字列」の意味で広く使用されている。
カスタムトークンの登場により、プラットフォーム内の基軸通貨を「コイン」、カスタムトークンを「トークン」と使い分ける場合もあるが、コインの方が後発の呼称と考えられる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】