楕円曲線暗号 Elliptic Curve Cryptography

Ed25519 曲線

楕円曲線暗号とは、楕円曲線上の離散対数問題(EC-DLP)の安全性を根拠として考案された暗号化技術である。1985年頃にV.S .MillerとN. Koblitzがそれぞれ開発した。
現在、RSA暗号と同等の安全性を、より短いカギで実現できる技術として、暗号通貨などの電子署名で広く利用されている。

カルダノ では「Ed25519」を主な署名アルゴリズムとして利用している。2022年9月に行われたノードアップデート「1.35.3」により、ビットコインやイーサリアムで利用される「Secp256k1」にも対応可能になった。

将来的には、量子コンピュータに対応する署名アルゴリズムへの対応を視野に入れている。

👈一覧へ戻る

委任のご検討をお願いします☕️
本稿はカルダノステークプール「CoffeePool☕️」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、委任(デリゲート)のご検討をお願いいたします😊
 TickerまたはPoolIDをクリック(タップ)するとコピーできます。

NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb 

cexplorer.ioでの情報はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました