アカウントベースモデル Account base model

イーサリアムなど、多くのスマートコントラクト実装型ブロックチェーンで採用される会計モデル。ビットコインが採用したUTxOモデルでは不可能だった、トランザクションにプログラムを導入しスマートコントラクトを実装することを可能にした。
ビットコインが採用したUTxOモデルでは、スケーラビリティのメリットを優先し「1ウォレット複数アドレス」という仕様で、各トランザクションの計算や、各ウォレットやアドレスの管理が困難となる問題があった。
アカウントベースモデルでは、スマートコントラクトの実装のために計算を単純化するため「1ウォレット1アドレス」とし、各トランザクションやウォレットアドレスの管理をシンプルに設計している。
また、UTxOとは異なり、トランザクションの発生時には、「Aから10ethを引きBへ渡す」というような一方向のシンプルな入力(インプット)が行われる。
このインプットには「イベント後の結果(アウトプット)」が含まれないため「そのイベントの指示が正しいか」を評価する必要がある。
スマートコントラクトによって複数のアドレスへ影響が出るトランザクションが発生すると、トランザクションのたびに影響が出そうなアドレスを全て確認する作業が必須となる。ネットワークが拡大すればするほど、確認作業が増え、トランザクションが重くなるという問題が発生する。
また、1ウォレット1アカウントのためプライバシーの問題も懸念される。
カルダノ では、UTxOを改良することでスマートコントラクトを実装できる「EUTxO(拡張UTxO)」を独自開発し実装している。
EUTxOでは、スマートコントラクトとスケーラビリティという2つの問題を解決している。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb