ビザンチン将軍問題 Byzantine Fault

分散コンピューティングにおいて、複数のノードがバグもしくは故意によってエラー情報を発信することで、正しい合意形成に問題が生じること。
これに対する耐久性を「Byzantine Fault Tolerance(BFT)」と呼ぶ。
この名称は、アメリカのコンピュータ工学者R .Shostakによって提唱された際に、「東ローマ帝国(ビザンチン帝国)の将軍たちが都市を攻め落とす」というシチュエーションを例に挙げたことに由来する。
「多数の将軍たちの中に裏切り者がいることで、攻撃が失敗する。同意形成が成功すれば成功する」という思考モデルで、分散型コンピューティングの一種であるブロックチェーンのセキュリティにおいても重要な問題である。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb