シェリー時代 Shelley era


カルダノロードマップの第二段階。「分散化」を主題とし、IOHKからカルダノコミュニティにPoSの運営を移転することを目標とした。「Incentivize Testnet(ITN)」が公開され、有志のノードとホルダーによってテストネットのPoSが運営され、1000に及ぶステークプールにより成功裏に完了。無事に現在稼働するメインネットへと移行し、ブロック生成の完全な分散化が実現した。
フランケンシュタイン」の著者、Mary Shelleyが由来。

Shelley実装後、チャールズ・ホスキンソン氏は「フランケンシュタイン」の一説を引用した。
“I was benevolent and good; misery made me a fiend. Make me happy, and I shall again be virtuous.”
「私は善良で善良だったが、不幸が私を悪者にした。私を幸せにしてくれれば、私は再び高潔になるだろう」
フランケンシュタインに捨てられ復讐を果たした「怪物」が、自分の作者であるフランケンシュタインを責めるシーンのもの。
「IOHK の手を離れたcardano が怪物となるのか救世主となるのかは皆さん次第」という意味にも解釈できる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb