ア行

カルダノ用語集

インプット・エンドーサー Input Endorsor

HOME >> カルダノ用語集 ウロボロス・レイオスで実装される、カルダノのスループットを最適化するソリューション。Longest Chain Protocol(最長チェーン優先プロトコル)において、トランザクション処理...
カルダノ用語集

ウロボロス・レイオス Ouroboros-Leios

カルダノのPoSアルゴリズム「ウロボロス」のバージョンの1つで、「インプット・エンドーサー」が導入され、カルダノのL1における処理能力を最適化し、膨大なトランザクション需要に対応を可能にする。ウロボロスの中でも最も新しいバージョンであり、...
カルダノ用語集

NFT(エヌエフティ)Non-Fungible-Token

NFTとは、ブロックチェーン上に保存される特定のデータが入力されたトークンのこと。最近では特定の資産(デジタル、物理問わず)と紐づけられたデータリンクが記録されていることにより、それに紐づけられた資産的価値によって、特定サービスで使用され...
カルダノ用語集

インプットアウトプット・グローバル IOG Input Output Global

BCインフラの研究・開発企業。2015年にC.HoskinsonとJ.Woodが「Input Output Hong Kong(IOHK)」として創業し、後に改名した。ブロックチェーン技術の学術的な研究に力を注ぎ、高品質で安全性の高いBC...
カルダノ用語集

イニシャル・ステークプール・オファリング ISPO

ISPO(Initial Stakepool Offering、イニシャル・ステークプール・オファリング)とは、カルダノのコミュニティにおいて、特定のステークプールへの委任者に対して新規のトークン配布を行うこと。トークンセールを行わずに出...
カルダノ用語集

エポック Epoch

ウロボロス・プラオスで定義された時間単位で、1エポック=432,000スロット(5日間)。5日間ごとに新たなエポックへの切り替えが行われ、新たなブロック生成のスケジュールの生成や、新たな委任設定などの有効化が行われる。また、ステーキング報酬...
カルダノ用語集

イエラ IELE

Cardanoでスマートコントラクトを実行するための専用の仮想マシン。EthereumでSolidityのスマートコントラクトを書く際に生じる、セキュリティや正確性といった問題を解決するために、カルダノのために新たに設計されたものである。I...
カルダノ用語集

ウロボロス・ハイドラ Ouroboros Hydra

高トランザクション出力、低レイテンシー、ノードあたりの最小ストレージという3つの重要なスケーラビリティ課題を解決するオフチェーン・スケーラビリティ・アーキテクチャ。マルチパーティーステートチャンネルの導入が提案され、並列トランザクション処理...
カルダノ用語集

ウロボロス・ジェネシス Ouroboros Genesis

Praosをさらに改良させ、新しいチェーン選択ルールを追加し、当事者がジェネシスブロック(最初のブロック)からブートストラップ(起動)することが可能になる。また、プロトコルのユニバーサルなコンポーザビリティ(編集可能性)を証明する。これによ...
カルダノ用語集

ウロボロス・プラオス Ouroboros Praos

バイロン時代からの基礎であるOuroboros Classicをベースに、セキュリティとスケーラビリティを大幅に改善したプロトコル。半同期的に解析され、適応型攻撃者に対する安全性を向上する。2020年にカルダノに実装された。 「敵対者が誠...
タイトルとURLをコピーしました