ハ行」タグアーカイブ

分散型アプリケーション dApps

dApps(Decentralized Applications、略称dApps:ダップス)とは、システムの一部に、ブロックチェーンなどの分散型プロトコルを組み込んだアプリケーションのこと。
スマートコントラクトなどのプログラムに対応したブロックチェーン上で構築することができる。
dAppsによって、取引所(DEX)やレンディングなどの金融システム(DeFi)などの金融取引などを快適なUIで利用することができたり、NFTを活用したIDシステム(dID:分散型IDシステム)などが可能になる。
そのほか、ゲーム内アイテムなどをNFTなどで使用し取引可能にするなど、ブロックチェーンをアプリの一部機能で活用するようなdAppsも存在する。
一口に分散型アプリといっても、「分散化レベル」がそれぞれ異なる。アプリのメイン機能は開発者サーバーが管理し、取引機能の一部が分散化されているだけの場合が多い。
dAppsの究極形態としては、不特定多数の参加者がSPOのように自由参加で運営するような形が想定される。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ADApools.orgでの情報はこちら↓

プルータス・アプリケーション・バックエンド PAB

PAB(Plutus Application Backend)とは、カルダノでオフチェーンを活用したdAppsの開発を提供するバックエンドサービス。メインネット上のノードと、Plutusアプリ、ウォレットバックエンド、エンドユーザーの橋渡しを行うことで、オフチェーンdAppsの開発・運用を可能にする。

PABにより、
Plutusアプリの標準的開発環境
・外部クライアントが活用可能なインターフェース
スマートコントラクトのためのオンチェーン情報の読み出し
・開発者に仮想環境と非仮想環境
が提供される。

仮想環境と非仮想環境を同時提供することで、開発者はdAppsのテストと実装をシームレスに移行することが可能になる。
オフチェーンとは、カルダノのブロックチェーンとは別の環境で実行されたプログラムのことを指す。オフチェーン環境とオンチェーン環境がシームレスに連携することで、安全で快適なdAppsを利用することが可能になる。

参照:Plutus Application Backend (PAB): supporting DApp development on Cardano

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ライトウォレット Light wallet

ライトウォレットとは、すぐに起動可能で使いやすいUIを提供する暗号通貨ウォレットのこと。
特定のノードと連携してごく一部の情報伝達を行うことで送受信を可能にし、快適な暗号通貨の利用を提供している。主にブラウザ版やモバイル版などが提供されている。
フルノード版はマシンパワーが大きく、起動に時間がかかり日常の使用に負担がかかる一方、ライトウォレットは起動が速く、マシンパワー要件も低いメリットがある。
デメリットとしては、ウォレットアプリ提供元のノードに依存するため、提供元のノードにトラブルがあった際に使用できなくなる場合がある。
カルダノにおいては「ヨロイウォレット Yoroi wallet」が公式版としてリリースされている。PC版はChromeFirefoxなどのブラウザに対応し、モバイル版はiOS、Android版が提供されている。

*ヨロイウォレットのダウンロードは、外部リンクではなく公式ページからのダウンロードを推奨しています。IOHKの公式ページ、公式ツイッター情報、AppStore、GooglePlayStoreなどからリーチ可能です。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

フルノードウォレット Full-node wallet

フルノードウォレットとは、ノードとしてブロックチェーン情報の伝達を担いながら、自身のトークン管理を行うタイプのウォレット
ノードとして情報の検証と伝達を行うため、端末上にブロックチェーンデータを保存する必要があるほか、起動中は一定のマシンパワーを提供する。
カルダノにおいては「ダイダロスウォレット Daedalus Wallet」がリリースされている。ノードとしてのソフトウェアはステークプールと同様のCardano Nodeが搭載されており、BC上でのトランザクション情報の送受信機能がある。
そのための推奨システム要件として、2コアCPU、16GB、25GBのディスク容量が必要。

*ダイダロスウォレットのダウンロードは、外部リンクではなく公式ページからのダウンロードを推奨しています。IOHKの公式ページ、公式ツイッター情報などからリーチ可能です。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

プルーフ・オブ・バーン Proof of Burn

PoWPoSにおいて、特定のトークンがバーン(焼却)されたことを証明するコンセンサス・アルゴリズム
2012年にLain Stewart氏によって考案され、現在カルダノの開発元であるIOGでも導入の議論がされていると言われている。
PoBは、引き出し不可能に設定された特別なアドレスにトークンを送信することで、実質的にバーンされる仕組み。ネイティブトークンであるADAの場合はADAの希少性を保つ目的で、カスタムトークンの場合はトークンが確実にバーンされたことを証明する目的で使用されると考えられる。
トークンのバーンに関しては、大きな賛否が相次いでおり、今後の動向が注目される。

参照:Cardano sets sight on token burning despite resistance from founder Charles Hoskinson

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ビザンチン将軍問題 Byzantine Fault

分散コンピューティングにおいて、複数のノードがバグもしくは故意によってエラー情報を発信することで、正しい合意形成に問題が生じること。
これに対する耐久性を「Byzantine Fault Tolerance(BFT)」と呼ぶ。
この名称は、アメリカのコンピュータ工学者R .Shostakによって提唱された際に、「東ローマ帝国(ビザンチン帝国)の将軍たちが都市を攻め落とす」というシチュエーションを例に挙げたことに由来する。
「多数の将軍たちの中に裏切り者がいることで、攻撃が失敗する。同意形成が成功すれば成功する」という思考モデルで、分散型コンピューティングの一種であるブロックチェーンのセキュリティにおいても重要な問題である。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

芭蕉時代 Basho era


カルダノロードマップの第四段階。スマートコントラクトの実装によって課題となる「スケーリング」を主題とする。カルダノのブロックチェーンと連動するサイドチェーンの導入などにより、プロトコルの実行能力の拡大を目標とする。
現時点では「ハイドラHydra」の実装が予想されているが、ロードマップには複数のサイドチェーンの稼働や、UTxOだけでなくアカウントモデルとの連動も示唆されている。

松尾芭蕉が由来。

Goguen最終段階において、ホスキンソン氏は、以下の芭蕉の句を詠んでいる。

朝茶飲む 僧静かなり 菊の花
—松尾芭蕉

「菊」は秋の季語。仕事が終わり、静寂とともに世界を見渡す禅僧のような落ち着いた気分という解釈ができる🍵
GOGUENがひと段落し、もう芭蕉の時代に至ったことが読み取れる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

バイロン時代 Byron era


カルダノロードマップの第一段階。2015年より「第3世代ブロックチェーン」の礎を築くため、既存の課題解決を軸に学術的アプローチで研究が行われた。この結果として、数学的に安全性が認められたPoSアルゴリズム「ウロボロス」が開発された。
由来は、Ada Lovelaceの父であり詩人のGeorge Byron。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ハードフォーク・コンビネーター Hard fork combinator

カルダノにおいて、システムの中断や再起動なしにバイロンからシェリーといったハードフォークによるプロトコルの移行を可能するシステム。これにより、バージョン変更後の台帳を統合して表示することができる。
ハードフォーク(HF)とは、ブロックチェーンにおいて別のプロトコルへの移行を意味する。通常のHFでは、ブロックやその解釈の変更が行われるため、プロトコルの運用を一度停止する必要があるほか、以前のBC履歴が使用できなくなるデメリットがあった。
カルダノのHFコンビネーターは、複数のプロトコルを組み合わせることでHFにおいて大幅な調整を必要としないように設計されている。現在のカルダノチェーンでは、既にバイロンとシェリーのブロックが組み合わされているが、今後はゴーグエン、バショー、ヴォルテールのブロックも統一された1つの資産として認識可能になる。また、新たなプロトコルへの進化を単純化し、将来のプロトコル移行を容易にする。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ハイドラ Hydra

h
カルダノにおいて、拡張UTXOモデルに手を加えることなくスケーラビリティを格段に拡張するソリューション。スマートコントラクト実装で高まるトランザクション需要を解決するため、オフチェーンで算出処理を分散させることでTPS(取引数/毎秒)を格段に向上させる。
具体的には、トランザクション時に各ステークプールが取引情報を検証し、算出された最終結果のみがブロックチェーンに書き込まれる仕組みとなる。
「ハイドラ」の名称は架空の多頭竜「ヒドラ」がモチーフとなっており、ブロックチェーンを担う無数のステークプールを「無数のヒドラの頭」に見立てている。
現在、クレジットカードのVISAは2000TPSと言われているが、Hydraはテスト段階で「1プールあたり1000TPS」が可能とされる。稼働ノードが1000あれば理論上100万TPSとなる計算になる。現在、カルダノのノードは2000以上存在するため、200万TPS以上の速度となる可能性もあると言われる。
Hydraは、スマートコントラクトを実装する2021年の「GOGUEN」後にあたる「BASHO」での実装を予定している。ちなみにBASHOは松尾芭蕉から名付けられている。

参考:Hydra: Cardano scalability solution

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb